プロジェクターの評価基準

コスパ

スクロールできます
星の数基準
感動するくらい高いコスパ
コスパがいい
値段相応の価値がある
コスパが悪い
コスパがかなり悪い
コスパの評価基準

総合評価のような意味合いです。

画質

スクロールできます
星の数基準
映像に感動する
映像は美しい
映像はきれい
画質はそこそこ
画質が悪い
画質の評価基準

暗室での映像の見え方で評価します。

SD:星1〜2 HD:星2〜3 フルHD:星3〜4 4K:星4〜5

を基本としますが、色味や鮮明さ等で変動します

明るさ

100インチでの見え方を評価します。

スクロールできます
星の数基準
明るい部屋でも見やすい
少し明るい部屋でもみやすい
暗室で問題なく見える
暗室でも少し見えにくい
暗室でもかなり見えにくい
明るさの評価基準

音質

スクロールできます
星の数基準
音に感動する
音は美しい
音はきれい
音はそこそこ
音が悪い
音質の評価基準

操作性

スクロールできます
星の数基準
感動する操作性
とても良い
良い
普通
ストレスが溜まる
操作性の評価基準

自動台形補正やオートフォーカスなどの便利な機能があれば評価が上がります。逆にリモコンの反応性が著しく遅いなど、ストレスの溜まる欠点がある場合は評価が下がります。