【一番お手頃なエントリーモデル】EPSON EB-E01を徹底レビュー【昼でも使える明るさ】

EPSON EB-W06

2024年6月現在、エプソンのビジネスプロジェクターで最もお手頃価格の製品がEB-E01です。

一つ上のグレードのEB-W06とは、約2万円の価格差がありますが、

・性能が悪いのでは?
・プレゼン資料の文字はしっかり見えるの?
・ゲームや映画は楽しめるの?

このような疑問を持つ方もいると思います。

ジェクタ

一番安い製品だと、ちょっと不安になる気持ちは分かります

確かにEB-E01の解像度は少し低めですが、5万円以下では破格の明るさと、3LCD方式によるによる色の鮮やかさが魅力です。

EB-W06で映したチーターの画像
EB-E01

今回はプロジェクターを30機種以上レビューしてきた筆者が、EB-E01を徹底的にレビューしていきますよ。

目次

EB-E01の基本情報

EB-E01
税込価格※Amazon39,936円
光源UHEランプ
方式3LCD方式
明るさ[ルーメン]3300
解像度1024×768
(XGA)
100インチ投影距離3.21m
台形補正水平手動
垂直手動
フォーカス手動
ズーム1-1.35
スピーカー2W
端子ミニD-Sub15pin、HDMI、USB-B
寸法[mm]302×234×77
重さ[kg]2.4kg
スペック表

明るさ3300lmで、とても明るいのが特徴。

解像度はXGAで基本アスペクト比は4:3なので、基本的にはビジネス用途向けの設計。

16:9のコンテンツは画面上下の表示領域を狭くして投射します。

プロミ

XGAってどのくらいの解像度?

ジェクタ

DVDとBlue-rayの中間くらいです

解像度アスペクト比画素数
SDTV(DVD)4:3720×480
XGA4:31024×768
HD16:91280×720
フルHD(Blue-ray)16:91920×1080

E BーE01の本体と付属品

正面はこのような感じで、レンズと排熱口があります。

EB-E01正面

上面はツルツルで光沢があり、側面はマットな質感。

EB-E01の質感

側面はこのような感じで、片側に吸気口があります。

EB-E01の側面

背面には各種端子の接続口と、スピーカー口。

ミニD-Sub15pin、HDMI、USB-B

EB-E01の背面
ジェクタ

端子は必要最低限

上面には操作ボタンと、フォーカス調整つまみ。

EB-E01の上面

底面には点吊り金具の固定部と、フロントフット、リアフット。

EB-E01の底面

本体の重さは2.4kg。

サイズ感は以下の写真の通り。

EB-E01とボトル
EB-E01を手に持つ

付属の電源ケーブルとリモコンは以下の通り。

EB-E01の付属品

実際の映像を確認

YouTubeでは、実際の映像を上位機種のEB-W06と比較しつつ確認しています。

気になる方は参考にしてください。

EB-E01の映像をレビュー

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像はとても明るい

とても明るい部屋

とても明るい部屋

EB-E01の映像

EB-E01明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

EB-E01の映像

EB-E01少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

EB-E01の映像

EB-E01暗室での映像

5万円以下で買えるプロジェクターとしては、破格の明るさ。

部屋のライト全灯の状態でも映像が視認できてしまいます。

下の写真のように、昼間の明るい部屋でもパワーポイントがしっかり視認できます。

EB-E01で昼間にパワーポイントを映す
ジェクタ

とにかく明るい!

3LCDで色が鮮やか

元画像

色見本

EB-E01の映像

EB-E01で映す13色のカラー

元画像

EB-E01の映像

EB-E01で映す様々なフルーツ

色は明るく鮮やかなので、とても視認しやすい映像です。

解像度は少し低い

EB-E01の解像度を確認

一番価格の安いモデルなので、解像度は少し低いように感じました。

試しに100インチ画面で表計算ソフトの視認性を確認してみましょう。

EB-E01で表計算ソフトを映す

文字を拡大してみましょう。

表計算ソフトの文字を拡大
プロミ

小さい文字も読めるけど、若干粗さを感じるわね

上位機種は文字がもっと滑らかなので、ここは差を感じる部分です。

音は正直微妙です

EB-E01の音を確認

2Wスピーカーは音量、音質ともに正直微妙なので、ホームシアター用途なら外付けスピーカーを推奨します。

しかし、本機はイヤホンジャックが無くBluetooth接続も不可なので、スピーカーとの接続に工夫が必要。

以下4つの方法が、簡単かと思います。

①ARC対応スピーカーとのHDMI接続

HDMIケーブルを2本用意します。

プレイヤーの映像+音声データをスピーカーに送り、スピーカーのARC対応出力から、プロジェクターに映像データを送ります。

HDMIケーブルは、必ずARC対応のものを用意しましょう。

②ストリーミングデバイスのBluetooth機能を使う

Amazon Fire TV StickなどのストリーミングデバイスはBluetooth機能を備えているので、この機能を利用してスピーカーと無線接続を行います。

③HDMI音声分離機を使用

下の写真のような感じで、HDMI分離機で音声データを分離してスピーカーに入力します。

④映像入力ソースから直接スピーカーに繋ぐ

ゲーム機や、DVDプレイヤー、PCを直接スピーカーと接続します。

EB-E01の使用感を確認

起動時間は28秒

EB-E01の起動時間を確認

起動時間は28秒でした。

これはそこそこの速さ。

画面調整は手動

EB-E01台形補正機能

フォーカス、水平/垂直台形補正、デジタルズームなどの画面調整は全て手動です。

場所を固定するなら気になりませんが、移動させる場合は位置あわせが少し面倒です。

排熱は暑い

EB-E01の排気を確認

光源のUHEランプは発熱するので、排気音が大きいです。

節電設定からランプの明るさ「低」に切り替えることで、排気音と排熱を低減できるので、可能であれば切り替えましょう。

画質は細かく調整可能

EB-E01画質設定

カラーモードは5種類。

カラーモード特徴
ダイナミック最も明るい
プレゼンテーション映像を鮮やかに投影したい場合に使う
シネマ映画などを楽しむ場合に使う
sRGBコンテンツの持つ色を忠実に表現したい場合に使う
黒板黒板に直接投射する場合に使う

また、以下の項目は任意に調整が可能です。

明るさ、コントラスト、色の濃さ、色合い、シャープネス、ホワイトバランス、イメージ強調

カラーモードが[ダイナミック]または[シネマ]の時はオートアイリス機能を使用可能。オートアイリス機能では、投射シーンに合わせて光量を自動調整します。

ジェクタ

調整機能は盛りだくさんで、好みの絵作りが可能

ゲームは快適に動作

EB-E01でゲーム

ゲームの入力遅延は、体感的にほぼ感じませんでした。

シューティングの対戦ゲームなど、1フレームを争うようなゲームでなければ全く問題なくプレイできますよ。

EPSON EB-E01 メリットデメリットまとめ

EB-E01を使用する
メリット
デメリット
  • お手頃価格
  • 昼でも使える明るさ
  • 鮮やかなカラー
  • 映像をカスタマイズ可能
  • 解像感は低め
  • 排熱、排気はそこそこ
  • 画面は手動調整
  • 接続端子の種類が少ない

昼間でも使える明るさが魅力ですが、解像感は若干低めに感じました。予算に余裕があれば、一つ上位機種のEB-W06を推奨します。

ビジネスプロジェクターとしての評価

・5、6人程度までの会議ならこのプロジェクターで十分

・中規模以上の会議や、小さい文字の資料を共有したい場合は上位機種の方が安心

ホームプロジェクターとしての評価

・解像感の低さを少し感じるので、買えるなら上位機種を推奨

・5万円以下で昼も映像を楽しめる明るさは、本機だけの魅力

以上、EPSONのEB-E01のレビューでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績30機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次