【片手で持てる映画館】XGIMIのMoGo Pro+を徹底レビュー【実機の映像を分析】

2020年1月に発売されたXGIMIのフルHDモバイルプロジェクターMoGo Proは、その完成度の高さとコスパの良さで市場に大きなインパクトを与えました。

今回レビューするMoGo Pro+(モゴプロプラス)は、そんなMoGo Proの性能がブラッシュアップされた最先端のモバイルプロジェクターです。

MoGo Pro+の進化ポイント
  • 独自の画像エンジン「X-VUE」搭載
  • 横方向の自動台形補正に対応
  • 傾きを変えられるスタンド追加

約5,000円の価格差を考慮しても「コスパは前世代のMoGo Proを超えてきた」というのが個人的な評価。

これまで色々なプロジェクターを触ってきましたが、MoGo Pro+は全モバイル機の中でもトップクラスの性能をもつ1台であることは間違いないです。

筆者によるMoGo Pro+の評価

スクロールできます
項目評価コメント
コスパ感動するコスパ
画質映像は美しい
明るさ暗室で問題なく見える
音質音は美しい
操作性感動する操作性
こちらのページの基準を基に評価

本記事ではそんなMoGo Pro+の性能を、どこよりも徹底的にレビューしていきます。

目次

MoGo Pro+のスペック

MoGo Pro+
発売日:2020年12月
税込価格:80,080円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
明るさ:300ANSIルーメン
光源:LED
光源の寿命:30,000時間
投影方式:DLP方式
台形補正:水平垂直オート40°
100インチ投影距離:266cm
本体角度調整:最大30°
スピーカー:3W×2
騒音:30db以下
バッテリー:動画最大4h、音楽最大8h
入力:DC、HDMI、USB2.0
出力:3.5mmAUX
OS:Android TV 9.0
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:4.2/5.0
重さ:約0.9kg
サイズ:約94.5mm×105.5mm×146mm

発売から少し時間が経っているので、Amazonでの実勢価格は上記の価格より下がっています。フルHDの美しい映像、Harman/Kardon製のスピーカー、VODを楽しめるOS、バッテリー内蔵で、まさに片手に収まる映画館と呼べる1台です。

実際の映像を確認

プロジェクターの映像と音を撮影しました。お持ちのデバイスの中で、なるべく大画面のもので見ると雰囲気がよくわかると思います。

MoGo Pro+の映像を評価

MoGo Pro+は独自の画像エンジン「X-VUE」を搭載しており、映像の美しさに磨きがかかっています。以下様々な角度からMoGo Pro+の映像を評価してきます。

ジェクタ

写真はタップで拡大できます

明るさの確認

とても明るい部屋

シーリングライトの明るさ最大

MoGo Pro+の映像

MoGo Pro+明るい部屋での映像

少し明るい部屋

シーリングライトの明るさ暗め

MoGo Pro+の映像

MoGo Pro+少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

MoGo Pro+の映像

MoGo Pro+暗室での映像

昼間でもカーテンを閉めれば十分に映像を楽しめる明るさです。

色味の確認

元画像

13色のカラー

MoGo Pro+

MoGo Pro+で写した13色のカラー

元画像

様々なフルーツ

MoGo Pro+

MoGo Pro+で映した様々なフルーツ

デフォルト設定では、原色よりも濃いめの色合いです。色が濃いので、凹凸のある壁や、多少明るい部屋でも見やすい映像に感じました。

色味が好みでないなら、設定で細かく調整できます。

映像調整画面

解像度の確認

文字はドット感が少なく滑らか。

画面の中心から角まで、明るさと解像度が安定していました。

MoGo Pro+音質の評価

MoGo Pro+録音の様子

高級車にも採用されているHarman/cardon製のスピーカーを内蔵しいて、音はクリアで聞き取りやすいです。

どの方向に座ってもしっかり音が聞こえ、3Wスピーカー2基で音量も十分。ウーファーは内蔵していないので、低音の迫力はそこそこですが、十分に映画やゲームを楽しめる音です。

MoGo Pro+の本体と付属品を確認

本体の同梱物はリモコンとACアダプター。

MoGo Pro+本体と付属品
ジェクタ

せっかく本体は小さいのに、ACアダプターが大きめなのはもったいないポイントです・・・・

正面の写真。黒いメタリックボディは、重厚感がありかっこいいです。

MoGo Pro+正面

背面には電源ボタン、ケーブル差し込み口と排熱口。

MoGo Pro+背面
ジェクタ

対応ケーブルはHDMI、USB2.0とイヤホンジャック

上面は電源ランプ、音量±ボタン、停止/再生ボタン。

MoGo Pro+上面

底に滑り止め用のゴム、三脚用のネジ穴、角度調節用の折りたたみスタンドが付いてます。

MoGo Pro+底面

折りたたみスタンドを使うことで、本体を最大30°傾けられます。

MoGo Pro+折りたたみスタンドによる角度調整

MoGo Pro+の使用感を確認

起動時間は45秒

MoGo Pro+の起動時間

スイッチを入れ、リモコン操作ができるようになるまで45秒。

一見遅く感じるかもしてませんが、オートフォーカス込みの時間なので決して遅くはないです。

フォーカス、台形補正はオートで快適

MoGo Pro+オートフォーカス

縦横台形補正とフォーカスをオートで実行してくれます。持ち運びの多いモバイルプロジェクターでは、ぽん置きですぐ映像を見れるのは非常にありがたい。

リモコン操作は快適

MoGo Pro+リモコン
MoGo Pro+リモコンボタンの拡大

リモコンの反応速度は良好でストレスは感じません。音声検索にも対応しているので、youtubeではリモコンの文字入力のめんどくささを解消してくれます。

方向キーと決定ボタンには円形の溝が彫ってあり、指がすべらず押しやすい構造になってます。

ファンの音は小さい

MoGo Pro+排熱ファン

排熱口に手を当てると熱風を感じますが、音は非常に静かです。

ジェクタ

公式HPによると騒音は30dB以下で、これはささやき声より小さい音

Android TV内蔵で、すぐ映像を楽しめる

MoGo Pro+搭載のAndroid OS

初期設定のアナウンスに従ってGoogleアカウントと連携するだけで、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスをすぐ楽しめます。

プロミ

箱を開封して、10分後にはプライムビデオを楽しめるわ

スマホの映像もワイヤレスで映せる

MoGo Pro+でスマホの画像をみる

プロジェクターとスマホを同じWifiネットワークに繋ぐことで、スマホの映像を投影できます。

iPhoneの場合はMoGo Pro+にAir Screenというアプリをインストール。Androidはアプリ不要で連携できます。

らくらく天井投影

MoGo Pro+の天井投影

四角形状の本体は、仰向けに寝かすだけで天井投影可能です。ただしこの状態で給電はできませんので、満充電で使用しましょう。

低遅延のゲームモード搭載

MoGo Pro+でゲームをする

ゲームモードでは、コントローラーの入力遅延を大幅に低減してくれます。

応答速度の検証として、ボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。標準設定では、PCモニターより0.13秒ほど画面が遅延していましたが、ゲームモードでは遅延が0.05秒程に縮まっていました。
※スロー映像を目視で確認した結果なので、数字は参考までに

正直、標準モードでもスマブラをやっていて遅延は全く感じないレベル。シューティングゲームのネット対戦などでない限りは、快適にゲームができますよ。

収納は楽々

MoGo Pro+を棚に飾る

小さいので収納場所に困りません。本体のデザインがいいので、棚に並べるだけで部屋がおしゃれになります。

他のモバイルプロジェクターとの比較

フルHDのモバイルプロジェクター

スクロールできます
メーカー税込価格
(公式HPより)
明るさ特徴

MoGo Pro
XGIMI74,800円300
ANSIルーメン
XGIMI
エントリーモデル

MoGo Pro+
XGIMI80,080円300
ANSIルーメン
MoGo Proの映像、操作性改良

Halo
XGIMI96,800円600
ISOルーメン
HDR対応
1.6kgと少し重い

Halo+
XGIMI109,890円700
ISOルーメン
Haloより明るい

Nebula Capsule3
Anker69,990円200
ANSIルーメン
HDR対応
Google TV搭載

Nebula Capsule3 Laser
Anker119,900円300
ANSIルーメン
HDR対応
レーザー光源

Cinemage Pro
Cinemage98,000円200
ANSIルーメン
日本メーカー製

KABENI PRO2
KABENI129,800円4000
ルーメン
日本メーカー製
最軽量
画像タップでAmazonの商品ページに移動します。公式価格は実勢価格とは異なる場合があります。

MoGo Pro+はフルHDプロジェクターの中では価格が安い部類。また発売から時間が経過していることもあり、Amazonでの実勢価格は5万円前後まで下がっています。MoGo Pro+は映像も音も高クオリティなので、全モバイル機の中でコスパは最高級の製品だと思っています。

MoGo Pro+を使って感じたメリットとデメリットをレビュー

映像を映すMoGo Pro+
メリット
デメリット
  • フルHDモバイル機の中では安い
  • 美しい映像と音
  • ゲームが快適
  • 天井投影が楽
  • 画面調整が全て自動
  • 充電アダプターが大きめ。ここはUSB-Cが良かった

個人的に気になる欠点はこの1点だけ。明るさ、画質、音、使いやすさはモバイル機として申し分ないと思います。

モバイル用途としても、本格的な映像を楽しむための据え置き機としてもオールマイトに活躍できるので、「迷ったらこれ」と誰にでもにおすすめしたい、間違いのない商品です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次