【3色レーザーの凄さを実感】Nomvdic L500を徹底レビュー

NOMVDIC L500

明るく、色再現力の高い3色レーザーシステムのプロジェクターは映画館でも用いられる最先端のハイテク技術です。

本来は数十万円以上のハイエンド機に搭載される3色レーザー技術を、1.2kgの小型ボディに詰め込んだ驚きのプロジェクターが存在します。

それが、NOMVDICのL500です。

L500の特徴

・1.2kgの小型ボディーに3色レーザー搭載
・BT.2020の色域を100%カバー
・画面調整が全自動で使いやすい

1番の特徴は3色レーザーによる色表現力の高さで、これまで30機以上のプロジェクターを評価してきた筆者も映像の鮮やかさに驚きました。

NOMVDIC L500で写したライブ映像
NOMVDIC L500実際の映像

本記事では、そんなL500の画質、音質、使い勝手について、徹底的にレビューをしていきます。

本記事を読めばL500の魅力や不満点がわかるので、ぜひ参考にしてください。

項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質映像は美しい
明るさ少し明るい部屋でも見やすい
音質はきれい
操作性とても良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

NOMVDIC L500のスペック

NOMVDIC L500
税込価格126,800円
光源3色レーザー
明るさ[ANSIルーメン]650
解像度1920×1080
(フルHD)
HDR10対応
100インチ投影距離2.66m
台形補正水平/垂直自動
フォーカス自動
スピーカー7W
端子HDMI
USB-A
USB-C
OS搭載(独自のアプリストア)
Wifi2.4/5GHz
Bluetooth4.2
寸法[mm]208×1165×92
重さ[kg]1.2kg
スペック表

定価は126,800円は一見高いですが、3色レーザー搭載プロジェクターの中ではお手頃な価格です。

プロミ

3色レーザーって何がすごいの?

ジェクタ

色の表現力に優れます

単色レーザーや2色レーザー

光源は主に青色のレーザーを使用。緑の光は青色レーザーを蛍光体に当てて生み出すため純度が低く、表現力が弱い。

3色レーザー

光源に赤青緑の3色レーザーを用いるため、表現できる色の幅が広い。

3色レーザーの色域のイメージ

NOMVDIC L500は、肉眼で認識可能な自然界の99.9%色を再現できるBT.2020という規格を満たしています。

NOMVDIC L500の本体と付属品

箱はこのような感じ。

NOMVDIC L500の箱

正面にはレンズと位置合わせ用のセンサー。青のメタリックボディーが輝いています。

NOMVDIC L500正面

側面には電源ボタンと吸排気口、スピーカー口。

NOMVDIC L500側面

背面はこのような感じ。

NOMVDIC L500背面

背面の凹部には、各種ケーブルの差し込み口があります。

USB-A、USB-C、HDMI、電源

NOMVDIC L500の接続端子

上面にはタッチ式の操作ボタン。

NOMVDIC L500上面

底面には三脚用のネジ穴と、角度調整用のスタンド。

NOMVDIC L500底面

スタンドの傾斜は約13度で、この位角度を変更できます。

NOMVDIC L500の角度調節機能
ジェクタ

床置きでも、目線の高さまで映像を上げられるので便利

本体の重量は1.2kgと片手で持てるサイズ感。

NOMVDIC L500とペットボトル
NOMVDIC L500を手に持つ

軽いので、小型の三脚が使えるのは嬉しいですね。

NOMVDIC L500を三脚にセット

付属品は以下の通り。

電源ケーブル、USB-Cケーブル、取扱説明書、リモコン

NOMVDIC L500の付属品

NOMBDIC L500 実際の音と映像を確認

スクリーンに100インチの映像を投影しました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

プロミ

音も映像もすごくいい!

NOMVDIC L500の映像をレビュー

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像は明るい

とても明るい部屋

とても明るい部屋

L500の映像

NOMVDIC L500明るい部屋の映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

L500の映像

NOMVDIC L500少し明るい部屋の映像

暗室

暗室

L500の映像

NOMVDIC L500暗室の映像

色が濃いせいか映像の視認性は額面スペックの650ANSIルーメンより明るく感じました。

少しくらいライトのついた部屋でも、鮮やかな映像を楽しめますよ。

色味はくっきりと鮮やか

元画像

色見本

L500の映像

NOMVDIC L500で写した13色のカラー

元画像

L500の映像

NOMVDIC L500で写した様々なフルーツ

3色レーザーの光源を使っているので、「赤」「緑」「青」の単色表現は、とても色が濃く、引き込まれるような色味でした。

もし落ち着いた画面が好きな場合は、画面設定でカスタマイズが可能です。

設定可能な項目

輝度、コントラスト、式温度、色調、彩度、シャープネス、壁色補正

画面の印象をガラリと変えられるので、触ってみると面白いですよ。

解像感は画面全体が均一

NOMVDIC L500の解像度を確認

フルHDの解像度で、小さな文字もしっかりと読み取れます。画質が劣化しやすい画面端も明るさは低下しておらず、画面全体が均一なクオリティでした。

ただ文字を拡大した際の滑らかさは、フルHDの最上位機種には少しだけ劣る印象を受けました。

フレーム補正は映像がヌルヌル動いて面白い

NOMVDIC L500のフレーム補正

フレーム補正はフレーム間に追加で画像を作り出すことで、動きのカクカク感を低減し、映像を滑らかにします。

フレーム補正は、無効、低、中、高から選択可能。動きが滑らかすぎて不自然に感じる場合もあるので、加減して使うと良いでしょう。

プロミ

アニメでこの機能を使うと面白いので、試してみて欲しいわ

HDR10搭載で、明暗の表現に優れる

1万円以下の格安機
(HDR非対応)

HDR非対応の格安機の映像

L500 の映像
(HDR10対応)

HDR対応のNOMVDIC L500で写した映像

左は1万円以下のフルHD機種で、右がL500。

HDR10対応のL500は明暗の諧調表現が豊かで、白や黒がいわゆる「ベタぬり」となりません。例えば夜の暗いシーンでも映像は視認性に優れ、何が起こっているかがわかりやすいので快適です。

ジェクタ

映像の総評としては、小型機とは思えない鮮やかな映像を楽しめました

NOMVDIC L500で映す森の映像
NOMVDIC L500実際の映像
プロミ

3色レーザーは伊達じゃないわね

L500の音はクリアで美しい

NOMVDIC L500の音を確認

本体のスピーカーはHarman/Kardon製で、クリアな音を鳴らします。この記事を書く間5時間ほどYouTubeでミュージックビデオを再生しましたが、音割れやこもりは一切感じませんでした。

もちろん低音の迫力は外付けのスピーカーに劣りますが、部屋をスッキリさせたい場合は内蔵スピーカーでも映画やゲームを十分楽しめますよ。

NOMVDIC L500の使用感を確認

起動時間は62秒で、若干遅い

大体OS内蔵プロジェクターの起動時間は45秒程度なので、それに比べると遅いです。

ただL500はゲーム機の起動演出のような映像が流れて、これがカッコよくて気に入っています。

NOMVDIC L500起動時の演出
L500起動時の演出

画面補正は全自動で高速

NOMVDIC L500の画面補正機能

台形補正とフォーカスが全自動のため、「ポン置き」で画面調整が可能。

準備が簡単でストレスがありません。

熱は控えめだが、排気の音はそこそこ

レーザー光の一般的特徴として「低発熱」があげられます。L500もその例に漏れず、本体サイズの割に排気が熱くないのが印象的でした。

しかし排気ファンの音はそこそこして、動画を見てる間も注意をすれば少し聞こえます。私は不快に感じませんでしたが、敏感な人は少し気になるかもしれません。

内蔵OSは最低限なので、Amazon Fire TV Stickを推奨

NOMVDIC L500のアプリストア
内蔵OSのアプリストア

内蔵のアプリストアから、動画アプリをダウンロード可能ですが、かなり種類は少ない印象でした。

よって基本的には、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスの使用を推奨。

ちなみに本体の接続端子周りは幅が狭く、Fire TV Stickの直挿しは不可。写真右のようにHDMIケーブルの延長コネクタを使うことで、差し込みが可能です。※HDMI延長コネクタは、Fire TV Stickに付属しています。

NOMVDIC L500へAmazon Fire TV Stickを接続する方法
Amazon Fire TV Stickの使い方

リモコンはボタンが光り、操作は快適

NOMVDIC L500のリモコン

リモコンの反応速度は良好で、操作にストレスは感じませんでした。リモコンを傾けるとボタンが光るので、暗闇でも押し間違える心配がないのも嬉しいポイント。

またこのリモコン、Fire TV Stickのリモコンと互換性があるようで、Fire TVを操作できます。リモコンの使い分けが必要ないので非常に便利です。

スマホミラーリングは簡単

NOMVDIC L500でスマホミラーリング

スマホの写真や動画を大画面で共有することが可能です。

iPhoneの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWiFiに接続

2.スマホでコントロールセンターを開く

3.スクリーンミラーリングを選択

4.NOMVDICのL500 を選択

Androidの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWiFiに接続

2.スマホでGoogle Homeアプリにログイン

3.画面をスワイプして、接続可能な機器のリストを更新

4.プロジェクターを選択して、画面をキャストする

L500は天井投影も簡単

NOMVDIC L500で天井投影

L500 は三脚を使って天井投影が可能。自動台形補正とオートフォーカスで、位置合わせも非常に簡単です。

ベッドで寝ながら映像を楽しめるので、贅沢な時間を過ごすことができますよ。

NOMVDIC L500で天井投影を楽しむ

NOMVDIC L500のメリットデメリットまとめ

映像を映すNOMVDIC L500
メリット
デメリット
  • 3色レーザーによる豊かな色表現
  • 明るく視認しやすい映像
  • 小型サイズ
  • 映像カスタマイズの幅が広い
  • 画面調整が全自動
  • フルHDの中では価格が高め
  • 内蔵OSは最低限なので、Fire TV Stick推奨
  • 起動時間が若干遅い

世界最小の3色プロジェクターは、小さい本体から想像できないほど鮮やかな映像を楽しめます。

デザイン、3レーザー光による映像、UIのかっこよさは独自色が強く、触った時の特別感にワクワクしました。

映像の美しい、小型プロジェクターを探している人におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績30機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次