【ファブリック素材でオシャレ】ONOAYO AY2Pro【格安プロジェクターを徹底レビュー】

机の上のAY2Pro

プロジェクターオタクの筆者はAmazonのランキングを日々チェックしていますが、最近見つけたユニークなプロジェクターが、ONOAYO AY2Pro。

ジェクタ

おしゃれなファブリックボディが目を引きました

今回は2024年に発売されて以降、Amazonのランキング上位にいる本機をレビューしていきます。

結論としては、ONOAYO AY2Proは低価格でフルHDの映像を楽しめる、コスパの高い機種でした。スリングを使っての「引っ掛け収納」は本機以外ではなかなかできない一芸で、ユニークな特徴を持っています。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質映像はきれい
明るさ暗室で問題なく見える
音質音はそこそこ
操作性良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

ONOAYO AY2Proの性能

ONOAYOAY2Proを棚に飾る
型番:AY2Pro
税込価格:25,999円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
明るさ:20000ルーメン
光源:LED
台形補正:垂直±50%
スピーカー:3W×2
入力:USB、HDMI
出力:3.5mmAUX
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:5.2
重さ:1.1kg
サイズ:13×11×17cm

ONOAYO AY2Proの本体と付属品を確認

箱はこのような感じ。

プロミ

ギフトとしてもらったら嬉しい見た目ね

AY2Proの箱

ファブリック素材のボディはおしゃれです。

AY2Pro正面

背面には、USB、HDMI端子、3.5mmオーディオジャックと、リモコンセンサー。

AY2Pro背面

側面には運搬に便利なスリング付き。

AY2Pro側面

上面には電源ボタン。

AY2Pro上面

底面には三脚用のネジ穴。

AY2Pro底面

リモコン、取扱説明書、HDMIケーブル、電源ケーブル、ショルダーベルト

AY2Proの付属品

実際の映像

スクリーンに100インチのサイズの映像を投影してみました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

ジェクタ

1万円にしては、なかなかいい画質です!

ONOAYO AY2Proの画質を評価

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

多少明るい部屋でも見られる明るさ

とても明るい部屋

とても明るい部屋

AY2Proの映像

AY2 Pro明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

AY2Proの映像

AY2 Pro少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

AY2Proの映像

AY2 Pro暗い部屋での映像

20,000ルーメンの明るさは、1万円台のプロジェクターでは最高峰。昼間でもカーテンを閉めれば問題なく映像を楽しめますよ。

色味は少し暗い

元画像

色見本

AY2Pro

AY2 Proで写した13色のカラー

元画像

AY2Pro

AY2 Proで映したフルーツ達

元画像と比べると色は少し暗い印象ですが、この価格帯の中では鮮やかな色合いでしょう。

角の文字はピントが若干ボケる

ONOAYO AY2Proの解像度の確認

フルHDなので、文字は解像度が高く、視認性が良いです。

綺麗に映像を映すのが難しい画面角はピンボケ気味ですが、価格を考えると十分な映像で、満足度は高いです。

ONOAYO AY2Proの音質を確認

ONOAYO AY2Proの音質

3W×2のスピーカーは音量が十分です。

音はノイズを感じないものの、少しこもり気味に聞こえるのが気になるところ。Bluetooth機能を搭載しているため、音質を向上させたい場合は、外付けスピーカーを使うと良いでしょう。

ONOAYO AY2Proの使用感を確認

スリング付きで引っ掛け収納可能

AY2Proを引っ掛けて収納する

AY2Proのスリングは、持ち運びはもちろん、収納にも便利。

フックなどへの「ひっかけ収納」ならば、棚に置くより場所をとりません。

また、ファブリック素材の本体は、帽子や服などの布製品との調和感が高いので、一緒にぶら下げると見た目もおしゃれですよ。

起動時間は23秒で高速

AY2Proの起動時間

OSを搭載していないので、起動時間が高速でストレスなし。

垂直台形補正機能と電動フォーカスでセットアップが楽

AY2Proの電動フォーカス機能

画面調整が全て電動で行えます。

フォーカスリングの手動調整より、楽で正確ですよ。

排気ファンの音は静か

AY2Pronの排気口

排気ファンの音は非常に静かで、映画を見ている間全く気になりませんでした。

スマホミラーリングは簡単

AY2Proでスマホミラーリング

本体とスマホを同じWifiに接続することで、ミラーリングが可能です。

YouTubeを見たり、写真を共有したり、スマホゲームを大画面に移したりと、色んな使い方ができますよ。

ゲームは快適

AY2Proでゲーム

ゲーム機とHDMIケーブルを接続するだけで、大画面でゲームをプレイ可能。

映画と同様にゲームも、大画面では没入感が段違いですよ。

Nintendo Switchでゲームをプレイしましたが、ボタン入力の反応速度は良好で、60HzのPCモニターと比較しても入力遅延はほとんどありませんでした。

OSは非搭載

本機はAndroidなどのOSは非搭載です。よって映像を楽しむためには、外付けでBDプレイヤーや、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスが必要になります。

\Amazon Fire TV Stick/

もし、プロジェクターの予算を5000円程プラスすれば、Android TVつきで、更に画質の良いプロジェクターを選ぶこともできます。おすすめは、こちらでレビューしたWIMIUS P63です。

\Android付き格安プロジェクター/

ONOAYO AY2Proのメリットデメリットまとめ

AY2Proで映像を映す
良い点
悪い点
  • 安い
  • スリング搭載
  • ファブリック素材で親しみのあるデザイン
  • 20000ルーメン、フルHDの映像
  • 画面角のピントが甘い
  • OS非搭載

ファブリック素材は手触りが良く、部屋のインテリアにもよく馴染みます。スリング付きプロジェクターはありそうでなかった発想で、収納や持ち運びに重宝しますね。

画質は高額機種には及ばないものの、2024年発売の最新機だけあって価格の割にとても綺麗な映像でした

ジェクタ

映画、ゲーム、YouTubeなどをテレビより大きな画面で楽しめます

本体だけでなく、箱もデザインが良いので、プレゼントとしてもおすすめですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次