【口コミが知りたい人必見】Cinemage miniを徹底レビュー【超軽量の国産モバイルプロジェクター】

モバイルプロジェクターは高画質化とともに大型化していますが、携帯性を重視したい人も多いでしょう。

そこで今回ご紹介したいのが、400g以下のモバイルプロジェクター、Cinemage miniです。

  • VGPアワード2023受賞
  • スタイリッシュなデザイン
  • 片手で持てる超小型サイズ
  • Android TV搭載で、すぐに映像が楽しめる

Cinemageは2020年に立ち上がった日本の新しいプロジェクターブランドですが、VGP2023を獲得しするなど、高い評価を得ています。

ジェクタ

プロジェクターオタクとしては、その性能を確かめずにはいられません

本記事では「Cinemage mini」を徹底的にレビューしていきます。

あらかじめ結論を述べると、cinemage miniはかなり使い勝手が良く、品質の高さに驚きました。公式サイトで購入すれば30日以内は返品可能なので、ぜひ多くの人に体験してほしい機種です。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質画質はそこそこ
明るさ暗室で問題なく見える
音質音はきれい
操作性良い
こちらのページの基準を基に評価

Cinemage miniは公式サイトからの購入がお得

7つのメリット
・ベストレート保証(最安価格保証)
・送料無料
・三脚無料プレゼント
・当日発送(12時までの注文)
・30日の返品保証
・ギフトラッピング対応
・2年保証(購入後ライン登録)

※特典は変更される可能性がありますので、ご了承ください

ジェクタ

公式サイトは価格が最安で購入後30日まで返品できます

\公式サイトはこちら/

目次

Cinemage(シネマージュ)とは

Cinemageは株式会社MiraArcが2020年7月に立ち上げたプロジェクターブランドです。

現行の機種は、エントリーグレードのCinemage miniと、上位機種のCinemage proの2機種。

スクロールできます

Cinemage mini

Cinemage Pro
発売年2021年
2023年に改良アップデート
2020年
価格44,000円98,000円
78,400円
光源LEDLED
解像度480p
854×480
フルHD
1920×1080
明るさ120
[ANSIルーメン]
200
[ANSIルーメン]
スピーカー3W3W
フォーカス手動オート
台形補正垂直/オート
水平/手動
垂直/オート
水平/手動
騒音25db以下25db以下
バッテリー約2時間約2時間
サイズ72×72×106
[mm]
90×90×161
[mm]
重量390g826g
接続端子USB-A
HDMI
DC
3.5mmAUX
USB-A×2
HDMI
DC
3.5mmAUX
Bluetooth5.24.2
Wifi2.4/5GHz2.4/5Ghz
OSAndroid 11.0Android7.1.2
各製品の比較

Cinemage miniは2023年にリニューアルアップデートされましたが、今回レビューした製品はアップデート前のものです。そこまで大きな変化ではないので、旧バージョンのレビューも十分参考になると思います。

アップデート品の進化】

・OS:Android9.0 11.0
・明るさ:100ANSIルーメン 120ANSIルーメン
・CPU/GPUアップデート(新型は最大30%高速化)
・Wifi:Wifi5 Wifi6
・Bluetooth:ver5.0 5.2

Cinemage ProはフルHDの高画質で、明るさも200ANSIルーメンあります。Cinemage miniは画質面ではProに劣りますが、その分価格が安く、390gの軽さで携帯性に優れています

Cinemage mini本体と付属品を確認

正面から見るとこのような感じ。デザインがスタイリッシュでかっこいいです。

Cinemage mini正面

今回購入したのは黒ですが、もう一色の白も魅力的です。

背面にはDC、USB、HDMI端子と、排気口、スピーカー口。

Cinemage mini背面

側面にはフォーカスつまみ、電源ボタン、イヤホンジャック、USB-C端子があります。

Cinemage mini側面

上面にはタッチパネル式の、操作ボタンがあります。

ジェクタ

タッチパネル搭載は珍しい

Cinemage mini上面

裏面には三脚用のネジ穴があります。

Cinemage mini底面

付属品は以下の通り。

ACアダプター、HDMIケーブル、USB-C、取扱説明書

Cinemage miniの付属品

\公式サイトは最安保証/

実際の映像

スクリーンに100インチのサイズの映像を投影してみました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

画質は480pの割になかなか良くて、普通にアニメや映画を楽しめます。色がはっきりとしていて、とても見やすい印象でした。

Cinemage miniの画質をレビュー

以下、100インチの映像を確認していきます。

ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像の明るさを確認

とても明るい部屋

シーリングライトの明るさ最大

Cinemage miniの映像

Cinemage miniとても明るい部屋での映像

少し明るい部屋

シーリングライトの明るさ暗め

Cinemage miniの映像

Cinemage mini少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Cinemage miniの映像

Cinemage mini暗い部屋での映像

100ANISIルーメンの明るさは、暗い部屋で使うには十分です。昼間でもーテンを閉めれば映像を楽しめますが、明るい部屋では厳しい印象でした。

色味の確認

元画像

13色のカラー

Cinemage mini

Cinemage miniで映した12色のカラー

元画像

様々なフルーツ

Cinemage mini

Cinemage miniで映した様々なフルーツ

元画像と比べると、色彩は若干暗め。しかし色は濃いので、映像は見やすい印象でした。

解像度の確認

Cinemage mini解像度の確認

引きで見ると、文字はとてもきれいです。

しかし、解像度がフルワイドVGAなので、文字を拡大した場合にはドット感を感じました。また、ピント合わせが難しい画面端は少しボケ気味の印象。

画質の総評としては、モバイル機としては十分な映像だと思います。DVD相当の解像度で、さまざまなコンテンツを楽しむことができますよ。

\公式サイトは最安保証/

Cinemage miniの音質をレビュー

Cinemage miniの音質を確認

低音の迫力は弱いですが、クリアで聞き取りやすい音でした。

側に置いて使う分には、音量も申し分ないと思います。部屋全体に、臨場感のある音を鳴らしたい場合は、Bluetoothスピーカーを用意することをおすすめします。

Cinemage miniの使用感をレビュー

片手で持てる重さ400g以下

手に持ったCinemage mini

400g以下で片手で持ち運べますので、キャンプや旅行、展示会などの外出先での使用に便利です。

説明書は詳しい

Cinemage miniの説明書

この価格帯の中華プロジェクターは、説明書がなかったり、2、3ページのものも多いのですが、47ページの詳細な説明書がついてきます。操作全般や、よくある質問などがしっかり書いているので、だれでも簡単に使いこなすことができますよ。

起動時間は38秒

Cinemage miniの起動時間

40秒を切る起動時間は、OS内蔵プロジェクターではなかなか早いです。垂直台形補正まで自動でしてくれますので、ピントを手動で合わせればセッティング完了です。

台形補正は高速

Cinemage miniの自動台形補正

垂直方向の自動台形補正は、早くて精度も高いです。

排気ファンの音は非常に静か

Cinemage miniファンの風速設定

排気ファンは風速を設定可能で、低速モードは騒音25dB以下。

筆者がこれまで見てきたプロジェクターの中で静音性はトップクラスで、排気音はほぼ気になりませんでした。

リモコンの操作性は普通

Cinemage miniのリモコン

リモコンの反応速度は、普通です。

もうちょっとサクサク動いてくれたら嬉しいという印象でした。本体背面にセンサーがあるので、そこにリモコンを向けてボタンを押す必要あり。

ちなみに、EShareというアプリをインストールすれば、スマホをリモコン代わりにすることが可能です。音量をスワイプで上げたり、一覧からアプリを起動できるので、スマホ操作の方が便利に感じました。

Cinemage miniスマホリモコン
Cinemage miniスマホリモコンによるアプリ操作

動画アプリ搭載

Android11.0搭載で、YouTubeやNetflixなど、おなじみの動画配信サービスを楽しめます。スマホとテザリングすれば、外出先で動画を楽しむこともできますよ。

【インストール済みアプリ】
Netflix、YouTube、Amazon Prime Vide、Hulu、U-NEXT、TVer、ABEMA、Disney+

cinemage mini公式サイトより

ゲームは快適

Cinemage miniでゲームをプレイ

任天堂switchとプロジェクターを繋いでゲームをプレイしましたが、遅延は全く感じませんでした

応答速度の検証として、スマブラでボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。PCモニターと比較した際の遅延は、0.05秒以下でした。
※スロー映像を目視で確認した結果なので、数字は参考までに

1フレームを争うようなオンライン対戦でない限りは、快適にゲームができるレベルでしょう。

三脚か台が必要

Cinemage miniは打ち込み角度が0度なので、床に直置きで映像を楽しむことができません。

プロジェクターの打ち込み角度

床置きだと、下半分の映像が切れてしまいます。

Cinemage miniを床置き

台か三脚を使って、映像を目線の高さまで上げましょう。

Cinemage miniの投影方法

天井投影は簡単

Cinemage miniで天井投影

本体を仰向けに倒すだけで、簡単に天井投影可能です。

枕元などに置いて、寝る前に映像を楽しむと最高ですよ。

ただし、充電口が背面にあるので、充電しながら天井投影はできない点に注意しましょう。

スマホミラーリングは簡単

Cinemage miniでスマホミラーリング

iPhone、Android共に簡単にスマホ画面を映すことができます。スマホの動画や写真を家族やと友達と大画面で共有したり、スマホゲームを大画面で楽しめますよ。

スマホの充電が可能

Cinemage mini でスマホを充電

これはかなり珍しい機能。

USBケーブルを通じて、スマホへの給電が可能です。

キャンプに持って行けば、いざという時モバイルバッテリーの代わりになります。

\公式サイトは最安保証/

Cinemage miniのメリットデメリット まとめ

映像を映すCinemage mini
良い点
悪い点
  • 重さ400g以下
  • ファンが静か
  • 男性も女性も使える色とデザイン
  • Android内蔵で動画を楽しめる
  • ゲームも快適
  • 天井投影が簡単
  • スマホの充電ができる
  • 画質は480pで、そこそこ
  • 三脚もしくは台が必須

画質はフルHDの上位機種に劣ります。その代わり、プロジェクターの中でもトップクラスに軽いため、キャンプや旅行などの外出先で役に立ってくれるでしょう。

日本メーカーなので、不具合などに対するアフターサービスも安心。

品質に納得いかない場合、公式サイトからの購入に限り30日間は返品が可能です。

ジェクタ

返品保証には、メーカーの自信を感じますね

プロミ

気軽に試すような気持ちで買えるのは嬉しいわ

実際使ってみれば物の良さがわかるはず。

ぜひ実力派のモバイルプロジェクターCinemage miniで、大画面を楽しんではいかがでしょう。

\公式サイトは最安保証/

\小型モバイル機8種を徹底比較/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次