【5gWiFiプロジェクター】YOWHICK DP01を徹底レビュー【Amazonで人気の格安機】

Amazonのプロジェクターランキングでは格安の中華プロジェクターが上位を席巻していますが、価格が安すぎて性能が不安な方も多いと思います。

ジェクタ

格安プロジェクターはAmazonでの口コミは多いけど、しっかりとレビューを行なってる人は少ないですよね

そこで今回はプロジェクターオタクの筆者が、Amazonで人気の格安プロジェクター、YOWHICK DP01を徹底的にレビューしていきます。

結論から言うと、DP01は1万円を切る価格ながら、しっかりとフルHDの映像を楽しめるコスパの高い機種です。

画質や音質、操作性について徹底的にレビューしていきますので、ぜひプロジェクター選びの参考にしてください。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質画質はきれい
明るさ暗室で問題なく見える
音質音はそこそこ
操作性良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

YOWHICKはどんなメーカーか

  • 中国深圳の会社のプロジェクターブランド
  • 設立は2021年9月2日
  • 日本語の公式サイトがある
  • プロジェクター、ヘッドホン、空気洗浄機、スマートウォッチなどを販売
  • 自社工場を持たず、製造は中国の協力会社に委託している模様。

中国の新興メーカーで、外注で製造したプロジェクターを販売しているようです。

中華系メーカーは公式サイトがない場合が多いのですが、YOWHICKは日本語版のHPがしっかりありました。日本語で問い合わせができる点は安心感がありますね。

DP01のスペックを確認

YOWHICK DP01
型番:DP01
税込価格:16,999円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
明るさ:13000ルーメン
光源:LED
台形補正:垂直±15°
スピーカー:3W
駆動音:38dB以下
入力:USB、VGA、HDMI、AV、TF
出力:イヤホン
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:5.3
重さ:0.9kg
サイズ:19.8×15×7.5cm

画質はフルHDで、入力端子が豊富です。フォーカスや台形補正は手動で、機能は必要最低限の印象。

Amazonでは値引きをよく行なっていて、大体9,000円程で購入できるイメージです。

YOWHICK DP01本体と付属品を確認

正面から見るとこのような感じ。ホコリの付着を防ぐためのレンズカバーがついてきます。

YOWHICK DP01正面

背面にはスピーカー口と、リモコンのセンサー。

YOWHICK DP01背面

側面には、各種ケーブル接続口。端子の種類がかなり豊富です。

YOWHICK DP01側面

上面には、フォーカスと台形補正用のつまみ、操作ボタンがあります。

YOWHICK DP01上面

裏面には三脚用のネジ穴と、傾斜調整用のネジが付いてます。

YOWHICK DP01裏面

重さ0.9kgで、片手で持てるサイズ感です。

手に持ったYOWHICK DP01

DP01は付属品が充実しています。

取扱説明書、リモコン、HDMIケーブル、電源ケーブル、AVケーブル、ホコリ清掃用の綿棒

YOWHICK DP01の付属品

100インチスクリーン

付属のスクリーン
ジェクタ

この価格で、スクリーンまで付いてくるのはすごい

実際の映像

スクリーンに100インチのサイズの映像を投影してみました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

ジェクタ

普通にフルHDの映像を楽しめました・・・・

YOWHICK DP01の画質をレビュー

以下、100インチの映像を細部まで確認していきます。

ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像の明るさを確認

とても明るい部屋

シーリングライトの明るさ最大

DP01の映像

とても明るい部屋でのYOWHICK DP01の映像

少し明るい部屋

シーリングライトの明るさ暗め

DP01の映像

少し明るい部屋でのYOWHICK DP01の映像

暗室

暗室

DP01の映像

暗い部屋でのYOWHICK DP01の映像

13000ルーメンの明るさは及第点だと思います。昼間でもカーテンを閉めれば十分映像を楽しめますよ。

色味を確認

元画像

13色のカラー

DP01

YOWHICK DP01で映した12色のカラー

元画像

様々なフルーツ

DP01

YOWHICK DP01で映したさまざまなフルーツ

DP01の色味は鮮やかさに欠ける印象で、ここは上位機種との差を感じました。

ちなみに映像の色味はカスタマイズ可能。自分の好きな見え方になるよう調整しましょう。

YOWHICK DP01の画像設定

解像度の確認

YOWHICK DP01の解像度の確認

引きで見た映像はきれいな印象。

映画の字幕などもの小さな文字も問題なく読めそうです。

しかし1文字を拡大すると、画面中心と角では映像のクオリティに差がありましたので、ここは高額機種に劣る部分だと思います。

YOWHICK DP01の音質をレビュー

YOWHICK DP01の音質を確認

本体スピーカーの音はこもり気味で、あまり良くないです。

DP01はBluetooth接続ができるので、Bluetoothスピーカーの使用をおすすめします。

おすすめのBluetoothスピーカーは、AnkerのSoundcore2。

Anker Soundcore2

5000円以下で、音を劇的に改善できます。

実際に内蔵スピーカーとSoundcore2の音質を比較したので、以下の動画で確認してみてください。

プロミ

音が全然違うわね。

簡単に音を改善できるので、とてもおすすめです。

YOWHICK DP01の使用感をレビュー

起動時間は11秒

YOWHICK DP01の起動時間

起動時間はプロジェクターの中ではかなり高速。

AndroidなどのOSを内蔵している製品は、大体45秒くらいかかるりますが、DP01は機能が単純なので立ち上げが高速化できています。

排気ファンの音は静か

dBの目安

排熱ファンの騒音は38dB以下で、格安プロジェクターの中ではかなり静かな方です。

映画を見ている間も、ファンの音はほとんど気になりませんでした。

リモコンの操作性は普通

YOWHICK DP01のリモコン

リモコンの反応速度は、普通です。

ボタンがシンプルなので、説明書を見なくても直感的に使うことができましたよ。

ゲームは快適

YOWHICK DP02Bでゲーム

任天堂switchとプロジェクターを繋いでゲームをプレイしましたが、遅延は全く感じませんでした

応答速度の検証として、スマブラでボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。PCモニターと比較した際の遅延は、0.05秒以下でした。
※スロー映像を目視で確認した結果なので、数字は参考までに

1フレームを争うようなオンライン対戦でない限りは、快適にゲームができるレベルでしょう。

天井投影が簡単

YOWHICK DP01で天井投影

dp01は本体を仰向けに倒すだけで天井投影が可能です。

電源ケーブルの差し込み口が側面なので、給電しながら使えます。

角度調整機能が便利

YOWHICK DP01の傾斜調節

本体底面のネジで、最大15度程度まで本体を傾斜できます。

三脚を使わなくてもある程度の位置調整ができるので、結構便利ですよ。

YOWHICK DP01本体傾斜時の映像

スマホミラーリングができる

YOWHICK DP01のミラーリング設定

iPhone、Android共に家のWifiに接続することで、スマホ画面を映せます。スマホの動画や写真を家族やと友達と大画面で共有したり、スマホゲームも楽しめたりと、何かと便利な機能です。

YOWHICK DP01で画面をミラーリング

Fire TV Stickは合わせて用意したい

DP01はAndroidなどのOSを内蔵していません。よって動画配信サービスを利用するためには、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスを用意して、Wifiに接続する必要があります。

一番安い機種で問題ないので、合わせて用意しましょう。

YOWHICK DP01のメリットデメリット まとめ

映像を映すYOWHICK DP01
良い点
悪い点
  • 安い
  • フルHDの高い解像度
  • 機能がシンプルで操作しやすい
  • ゲームは快適
  • 天井投影が簡単
  • 発色が若干悪い
  • 画面端が少しボケる
  • 音はそこそこ

Amazonで1万円以下で買えるので、コスパは相当高いです

色の鮮やかさは高額な機種に劣るものの、価格を考えると及第点の映像でしょう。テレビでは感じられない大画面の迫力を、とてもお手軽に体験できますよ。

ジェクタ

安くて操作も簡単なので、子供へのプレゼントとしてもおすすめです。

プロミ

友達とゲームをしたら盛り上がりそうね

スクロールできます

一方、価格が安い分、画質と使い勝手は物足りない部分があります。もう1万円ほどグレードを上げれば、だいぶ映像と音が美しくなり、またAndroid TVも搭載されます。

もしプラス1万円の予算のある方は、以下のプロジェクターがおすすめなので、記事をご覧ください。

\WIMIUS P63をレビュー/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次