【コスパ最高で大満足】WanboのT2 Maxを徹底レビュー【プロジェクターオタクが魅力を語る】

低価格帯で、映像がきれいなプロジェクターを探している方におすすめしたいのが、Wanboの T2 Maxという製品。

  • フルHDの高画質
  • 3W×2スピーカー内蔵
  • Android OS搭載
  • 定価29980円
    (セール時は割引あり)
ジェクタ

画質も音質も高クオリティで、電源を繋ぐだけでそこに映画館が誕生しますよ

今回、メーカー様より製品をご提供いただいたので、徹底的にレビューしていきます。

使ってみて感じたメリットに加えてデメリットもしっかりお伝えしますので、ぜひプロジェクター選びの参考にしてください。

\Wanbo T2 Maxの評価/

スクロールできます
項目評価コメント
コスパ感動するくらい高いコスパ
画質映像はきれい
明るさ暗室で問題なく見れる
音質音はきれい
操作性良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

Wanbo T2 Maxのスペック

WANBO T2 Max
税込価格:29,980円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
明るさ:350ANSIルーメン
投影方式:LCD方式
フォーカス:オート
台形補正:4点台形補正(水平±30°)/垂直(オート・マニュアル)
ズーム:75%〜100%
スピーカー:3W×2 ステレオ
入力:DC、HDMI、USB
出力:3.5mmAUX
OS:Android 9.0
RAM:1GB
ROM:16GB
動作音:32dB以下
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:4.2
重さ:約1.1kg
サイズ:113×146×156.5 mm
※価格はAmazonを参照

画質はフルHDで、ステレオスピーカー、Android OS搭載と、格安機としてはかなり良いスペック。Amazonでの価格は29,980円ですが、キャンペーン時は値引きされることがあります。

T2 Max本体と付属品を確認

箱はこのような感じ。

WANBO T2 Maxの箱

本体正面には、レンズと排熱口、Wanboロゴ。

WANBO T2 Max正面

側面にボタン等はなし。

筆者はこの美しい側面のルックがとても好きです。

WANBO T2 Max側面

背面にはDC、USB、HDMI、イヤホンの各種端子と、スピーカー口。

WANBO T2 Max背面

上面には電源スイッチ。

WANBO T2 Max上面

裏面には三脚用のネジ穴と、滑りとめのゴム。

WANBO T2 Max底面

重さは1.1kgで、片手で持てるサイズ感です。

WANBO T2 Maxを手に持つ

付属品はこのような感じで、とてもシンプルです。

リモコン、電源アダプター、取扱説明書

WANBO T2 Maxの付属品

実際の映像

スクリーンに100インチのサイズの映像を投影してみました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

プロミ

フルHDの映像はとても美しいわね

T2 Maxの画質をレビュー

100インチで投影した映像を細部まで確認していきます。

ジェクタ

写真はタップで拡大できます

映像の明るさを確認

とても明るい部屋

シーリングライトの明るさ最大

T2 Maxの映像

WANBO T2 Max明るい部屋での映像

少し明るい部屋

シーリングライトの明るさ暗め

T2 Maxの映像

WANBO T2 Max少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

T2 Maxの映像

WANBO T2 Max暗い部屋での映像

350ANSIルーメンの明るさの映像は、ライトを少しつけても視認できます。直射日光の差すような明るい部屋は厳しいですが、昼間でもカーテンを閉めれば映像を楽しめますよ。

色味を確認

元画像

13色のカラー

T2 Max

WANBO T2 Maxで写した12色のカラー

元画像

様々なフルーツ

T2 Max

WANBO T2 Maxで写した様々なフルーツ

デフォルト設定の映像は、元画像と比べて鮮やかさに欠ける印象。

私は色がはっきりしてる方が好みなので画像調整をしたところ、彩度とシャープネスを上げると原色に近い見え方になりました

WANBO T2 Maxの色設定変更

このように自分の好みに映像を調整できるのは、とてもありがたいですね。

解像度を確認

フルHDの映像は解像度が高く、小さい文字を拡大してもドット感を感じませんでした。きれいに投影するのが難しい画面角まで、しっかりと読み取ることができます。

T2 Maxの音質をレビュー

WANBO T2 Maxの音質を評価

T2 Maxはこの価格帯では珍しく、ステレオスピーカーを内蔵しています。低音の迫力は物足りないものの、3W×2のスピーカーの音質はクリアで、十分に映画や音楽を楽しめます。

筆者が驚いたのが音量の大きさで、6畳の部屋ではMax100のボリュームのうち10程度で十分過ぎる程の大音量。最大ボリュームは怖くて試せませんでしたが、広いリビングでも十分な音量を鳴らせるはずです。

また本機はイコライザーにより周波数毎の音の出力を調整可能。例えば音楽を聴く時に中音域の音を上げ、ボーカルの声を強調するなど、面白い使い方ができます。

T2 Maxで出力調整可能な周波数

低音(100KHz以下)
→操作不可

中音(100〜1KHz)
→120Hz、500Hz

高音(1KHz以上)
1.5KHz、5KHz、10KHz

T2 Maxの使用感をレビュー

起動時間は38秒

WANBO T2 Maxの起動時間

40秒を切る起動時間は、OS内蔵プロジェクターとしては高速です。このくらいの速さなら、起動時にストレスは感じません。

フォーカスと垂直台形補正は自動

WANBO T2 Maxの画面調整機能

自動の画面調整は、ピント合わせが苦手な筆者にはとても嬉しい機能。

スクリーン正面にプロジェクターが置けない場合は、リモコンにより4点の台形補正を行いますが、こちらも操作は簡単でした。

WANBO T2 Maxの4点台形補正機能
4点台形補正

排気ファンの音は静か

騒音の目安
騒音レベルのイメージ

ファンの音は32dB以下で、映画を見ている間全く気になりませんでした。

これは鉛筆の筆記音位の音なので、音に敏感な人でも許容できるレベルだと思います。

リモコンの操作性は良い

WANBO T2 Maxのリモコン

リモコンはサクサク動くので、ストレスは感じません。

動画を見ながらでも、画質調整や音質調整ができるのは便利だと思いました。

Android OSで動画サービスを楽しめる

WANBO T2 Maxのアプリストア

最初からYouTubeとネットフリックスはインストールされてますが、他のサービスは専用のアプリストアかGoogle Play Storeでダウンロードします。

試しにAmazon Prime Videoをダウンロードしてたところ、ちゃんと動作することが確認できました。しかし、早送りや巻き戻しなどの一部の操作は、リモコンをマウスモードにしないと反応せず、使いにくく感じました。今後操作性が改善されると嬉しいです。

 アプリストアにはAbema/ U-NEXT/ TVer等お馴染みのサービスもありましたよ。

ゲームも楽しめる

WANBO T2 Maxでゲーム

美しい大画面は、ゲームの世界への没入感を高めてくれます。

子供と任天堂スイッチのスーパーマリオをプレイしたところ、小さい画面でプレイする何倍も盛り上がり、時間を忘れてゲームの世界にのめり込むことができました。

応答速度の検証として、スマブラでボタンの入力から技が発動するまでの時間を60HzのPCモニターと比較。PCモニターと比べ、 T2 Maxは0.25秒以下の遅延がありました。
※スロー映像を目視で確認した結果なので、数字は参考までに

高い反応速度が求められるオンライン対戦ゲームでは、この遅延は勝ち負けに影響を与える可能性があります。一方ソロプレイのアクションゲームや、RPGゲームなどは特に問題なく楽しめるレベルでしょう。

台または三脚が必要

T2 Maxは打ち込み角度が0度です。

プロジェクターの打ち込み角度

そのため床置きだと、画面下が切れてしまうんです。

WANBO T2 Maxを床に置いて使う

映像を楽しむためには、台か三脚が必要になります。

台や三脚にWANBO T2 Maxを乗せる
ジェクタ

床置きでも映像が楽しめるよう、本体の角度調整機能があれば嬉しかったです

スマホミラーリングに対応

WANBO T2 Maxでスマホミラーリング

iPhone、Androidスマホの動画や写真を家族や友達と大画面で共有したり、スマホゲームを楽しむことができます。

・iPhone → EShareserver
・Android → Miracast

スマホをWifiに接続し、上記のプロジェクター内蔵のアプリを立ち上げるだけで、ミラーリングが簡単にできますよ。

Wanbo T2 Maxレビュー まとめ

映像を映すWANBO T2 Max
良い点
悪い点
  • 3万円を切るお手頃価格
  • フルHDで画面端まで美しい映像
  • 画面調整が自動で楽
  • ファンの静音性が高い
  • 大音量のステレオサウンド
  • Android 搭載で動画をすぐ楽しめる
  • マウスモードでないと操作しにくいアプリがある
  • 三脚または台が必要

筆者が見てきたプロジェクターの中で、コスパはトップクラス。予算3万円以下でプロジェクターを探している人には、とてもおすすめの製品です。

ホームシアターに必要な機能が全て入っており、電源をつけるだけでそこに映画館が誕生します。

Amaznoのセール時は価格が安くなっていますので、ぜひリンクから確かめてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次