【林檎サイズのモバイル機】Anker Nebula Astroを徹底レビュー【プロジェクターオタクが魅力を解説】

モバイルプロジェクターは、外出先で簡単に使えるように軽くて操作性に優れた製品が欲しいですよね。また、外に持ち運ぶ物なので、デザインも重要だと思います。

そこで今回はAnkerの人気プロジェクターブランド「Nebula」シリーズの中で、最も軽量でオシャレなモバイルプロジェクター、Nebula Astroについてご紹介します。

Nebula Astroの特徴
  • 唯一無二のデザインと高い携帯性
  • クリアなスピーカーサウンド
  • Android搭載
  • アイガード機能で子供の目を守る

Ankerのプロジェクターの中では、一番価格がお得な製品です。しかし、そのクオリティには妥協がなく、400g以下のコンパクトボディに、モバイル機として求められる機能が的確に詰まっています。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパ感動するくらい高いコスパ
画質画質はそこそこ
明るさ暗室で問題なく見える
音質音は綺麗
操作性とても良い
こちらのページの基準を基に評価

普段のちょっと使いはもちろんのこと、合宿やキャンプ、旅行に持って行けば仲間と盛り上がること間違いなしの製品です。

キャンプでNebula Astroを使う

軽くて使いやすいプロジェクターを探している人におすすめですよ。

ジェクタ

映像や音質にこだわるなら、最新機Nebula Capsule3の方がおすすめ!
Nebula Capsuleシリーズの比較は以下の記事

\Nebula Capsuleシリーズ全機種を比較/

目次

Nebula Astroのスペック

机の上のNebula Astro
製品型番:D2400521
発売日:2020年
税込価格:34,999円
出力解像度:SD(854×480p)
明るさ:100ANSIルーメン
光源:LED
光源の寿命:30,000時間
投影方式:DLP方式
フォーカス:手動
台形補正:垂直オート/マニュアル、水平マニュアル
100インチ投影距離:308cm
スピーカー:3W
騒音:30db以下
バッテリー:動画2.5h
入力:電源(USB-C)、HDMI
OS:Android 7.1
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:4.2
重さ:約380g
サイズ:91.2×82×89.2mm

ボール形状のデザインは唯一無二で、特別感があります。

Android OS搭載、バッテリー搭載、スピーカー搭載で、電源をつけるだけでどこでもお手軽に動画を楽しめますよ。

実際の映像と音を確認

100インチでプロジェクターの映像と音を撮影しました。なるべく大画面のデバイスで映像を見ると雰囲気がよくわかると思います。

Nebula Astroの映像をレビュー

100インチの映像で、色味や解像度を徹底的に確認していきます。

ジェクタ

画像はタップで拡大できます

明るさの確認

とても明るい部屋

とても明るい部屋

Nebula Astro

Nebula Astro明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

Nebula Astro

Nebula Astro少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Nebula Astro

Nebula Astro暗室での映像

明るさ100ANSIルーメンの映像は、明るい部屋では厳しい印象。

モバイルプロジェクターは全般的に明所では使うのが難しいので、明るい部屋で使用したい場合は輝度の高い据え置き機を選びましょう。

色味の確認

元画像

色見本

Nebula Astro

Nebula Astroで映した13色のカラー

元画像

Nebula Astro

Nebula Astroで映した様々なフルーツ

映像は全体的に元画像より暗めのトーンで、鮮やかさはもう一つ。

しかし、色分けはしっかりできているので、視認しやすい印象でした。

こちらは100インチで投影した結果なので、画面を明るくしたい場合はスクリーンサイズを小さくして画面の輝度を上げると良いでしょう。

解像度の確認

Nebula Astroの解像度を確認

引きで見た場合、小さな文字もしっかり視認できます。映画の字幕やゲームの文字なども問題なく読み取ることができるでしょう。

しかしSD画質なので、文字を拡大するとさすがにドット感を感じます。また中心と画面角では、映像の明るさに少し差があります。この辺りは上位機種と力の差を感じる部分です。

Nebula Astroの音質をレビュー

Nebula Astroの音を確認

音質は予想していたよりかなり良くて、ちょっと音楽を聞きたい時のスピーカーとしても使えます。

プロミ

昼間はスピーカー、夜はプロジェクターなんて使い方ができるわね

ただしスピーカーの出力は3Wで、最大音量は控えめ。

広い部屋での使用には向きませんが、6畳程の部屋や、枕元に置いて使う分には十分です。

Nebula Astroの本体と付属品

箱はこのような感じ。

Nebula Astroの箱

正面にはレンズと画像のセンサー。フォーカス用のつまみがわきにあります。

Nebula Astro正面

側面には排熱口。

Nebula Astro 側面

背面はリモコンのセンサーと、HDMI、USB-Cの充電口。

ジェクタ

USB-C給電なのは偉い!

Nebula Astro 背面

上面は電源、音量±、Bluetoothモード切り替えのボタン。

Nebula Astro 上面

底面にはスピーカー口、滑り止めのゴムと三脚用のネジ穴。

Nebula Astro 底面

丁度りんごくらいのサイズで、重さは380g。

Nebula Astroのサイズはりんごと同じくらい

付属品は以下の通り。

リモコン、説明書、充電ケーブル

Nebula Astroの付属品

Nebula Astroの使用感をレビュー

片手に収まる軽さで、持ち運びが簡単

Nebula Astroを手に持つ

りんごを1つ持ち運ぶような感覚で、気楽に携帯できます。

Nebula Connectというアプリを使えばスマホで操作できるので、外出時にリモコンが不要なのは嬉しいところ。

そのままカバンに入れるとレンズが傷つく可能性があるので、布や袋で保護しつつ持ち運びましょう。

Nebula Astroを布に包んで運ぶ
プロミ

布に包むとおにぎりみたいね

起動時間は36秒

Nebula Astroの起動時間

40秒以下の起動時間は、OS搭載機の中ではなかなか早い方です。あとはフォーカスを手動で行えば準備完了です。

垂直台形補正はオート

Nebula Astroの自動台形補正機能

オートの垂直台形補正は、なかなか高速で動作します。水平方向の補正を行う場合は、オート機能を切って、リモコンによる手動補正に切り替える必要があります。

リモコンはサクサク動く

Nebula Astroのリモコン

リモコンの筐体は、モバイル機の最上位機種であるNebula Capsule3Laserに似ています。

動作は結構サクサクで、不満を感じないレベル。初期設定のWiFiパスワードの入力や、Googleアカウントへのログインもストレスフリーでできましたよ。

Nebula Connectというアプリを使えば、Bluetooth接続によりスマホをリモコン代わりにできます。旅行の際に持ち物を減らすことができるのはありがたいですね。

ファンの音は静か

騒音の目安

本体がコンパクトなだけあり、排気ファンの音は非常に静か。スペックでは騒音30dB以下と記載があり、これは鉛筆の筆記音より静かな音です。

プロミ

騒音に敏感な人でも安心だわ

Android搭載で動画を楽しめる

Android OS

Android OSを搭載しているので、WiFiでインターネットに接続するだけでYouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを利用することができます。

WiFiの無い環境でも、スマホとのテザリングでネットに繋ぐことができるので、外出先でも使用できますよ。

スマホの映像をワイヤレスで映せる

Nebula Astroでスマホの映像を映す

プロジェクターとスマホを同じWifiに繋げば、スマホの映像を共有できます。iPhone、Androidともにアプリ不要で、スマホのキャストアイコンから、Nebula Capsuleを選択すればOKです。

ゲームは快適に楽しめる

Nebula Astroでゲームを楽しむ

筆者は任天堂スイッチでスマブラをプレイしてましたが、動作はサクサク。

応答速度の検証として、任天堂スイッチのスマブラで、ボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。その結果、PCモニターに対し、Nebula Astroは0.1秒程映像が遅れていました。※スロー映像を目視で確認した結果なので、あくまで参考までに

ネットゲームガチ勢の方はモニターを使った方がいいと思いますが、普通にゲームする分には全く問題ないです。

例えば友人と大人数でゲームをする際、プロジェクターを使えば視認性が上がり、そして何よりも盛り上がります。ゲームの驚きと感動は大画面で倍増しますので、ぜひゲーム好きの方こそプロジェクターを使ってみて欲しいです。

天井投影が簡単

Nebula Astroで天井投影

本機は天井に向けて寝かせることができるので、天井投影が簡単。

Nebula Astroで天井投影を楽しむ

ただし、寝かせている間は背面の給電口が塞がるので、充電しながらは使えないてんは注意です。

アイガード機能で子供も安心

Nebula Astroのアイガード機能

前方の障害物を完治して映像を止める、アイガードモードを搭載。これにより、例えば子供が映像を覗き込み、目にダメージを負うような事態を避けられます。

センサーの感知距離は、20cm、40cm、60cmから選択します。センサーの距離より遠くから覗き込んだ場合は、映像が止まりませんので注意してください。

Nebula Astroメリットデメリット まとめ

Nebula Astroで映像を楽しむ
メリット
デメリット
  • Nebulaシリーズで最も安価
  • 400g以下で持ち運びやすい
  • クリアなサウンド
  • アイガード機能で目を守る
  • スマホの映像を簡単に映せる
  • フルHD機種には画質が劣る

2024年現在、映像の美しさを求めるなら、最新機Nebula Capsule3がおすすめです。

画質よりも外出時の携帯性や、価格を重視する場合は、このNebula Astroは良い選択肢になると思います。筆者はこれまで7台以上のモバイルプロジェクターを評価してきましたが、軽さと使いやすさはトップクラスであることは保証します。

また、人を感知して映像を止めるアイガード機能を搭載しているので、子供がいる家庭にもおすすめ。

ぜひNebula Astroを使って、おうち時間も外での時間も、今より楽しく充実させてみてはいかがでしょう。

\Nebula Capsuleシリーズ全機種を比較/

関連記事

\小型モバイル機8種を徹底比較/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次