【オタクが解説】キャンプにおすすめのモバイルプロジェクター3選【テント内外で楽しめる】

美しい自然の中、日常の忙しさを忘れて、心も体もリフレッシュできるのがキャンプの魅力ですよね。

そんな楽しいキャンプをより充実させてくれるアイテムがプロジェクターです。

キャンプ×プロジェクターの魅力
  • 特別な雰囲気で特別な映像体験ができます。焚き火、星空、大自然の中、自分だけの映画館でみた映像は、忘れられない思い出になります。
  • 雨天時のエンターテイメントを保証します。キャンプに雨はつきものですが、プロジェクターがあることで、雨の時間を楽しい時間に変えられます

筆者は筋金入りのプロジェクターオタクで、プロジェクターの使用時間は累計1万時間以上。多くの機種を実機レビューしています。

これまで実機レビューをしたモバイルプロジェクター達
ジェクタ

2024年現在の人気モバイルプロジェクターについては、ほぼ全て実機で評価したことがあります

今回はそんな筆者が、キャンプに本当におすすめできるモバイルプロジェクターを3機種ご紹介します。

機種おすすめポイント
Nebula Astro
Nebula Astro
安定のAnkerブランドで、スマホ操作可能
WIMIUS Q2
WIMIUS Q2
重さ255g、角度調整スタンド付きで使いやすい
Nebula Capsule3
Nebula Capsule3
フルHD、HDR対応の高画質プロジェクター
ジェクタ

ぜひ、プロジェクター選びの参考にしてください!

スクロールできます
目次

キャンプ用プロジェクターを選ぶポイント

プロジェクター選びのポイント

キャンプにおすすめのモバイルプロジェクターを選ぶためのポイントは、以下の4点。

  • 本体+付属品のサイズと重さ
  • 設置性
  • 画質
  • OS内蔵型か

本体+付属品のサイズと重さ

キャンプは荷物が多いので、プロジェクターは軽量で小型のものが望ましいです

見落としがちなのが、付属品の携帯性について。

本体がいくら小型でも、付属品がかさばってしまっては快適ではありません。

ジェクタ

スマホをリモコンがわりに使える機種や、三脚なしでも位置調整できる機種ならうれしい

設置性

キャンプ場は床が平らとは限りません。

また設置スペースも、例えばテント内だと限られます。

そのような環境下でも思い通りの場所に映像を映せるように、プロジェクターには台形補正や角度調節などの投影補助機能があると便利です。

画質

前提として、キャンプのような屋外でプロジェクターの映像をキレイに映すことは難しいです

  • 風によるスクリーンの揺れ
  • スクリーンのたわみや、しわ

など、自宅のスクリーンに映す場合より画質が低下します。

例えばテントの内壁のような、即席かつ小型スクリーンでは画質の差を感じにくいものです。

スクリーンとテント内壁に移した映像の違い

よってキャンプ用のプロジェクターは、フルHDの高画質にこだわらなくてもいいです。個人的には、軽さや機能の使いやすさの方が重要であると感じてます。

一方キャンプだけでなく、普段から自宅でプロジェクターを楽しみたい人は、画質もこだわるべきでしょう。

OS搭載型か

OS搭載プロジェクターは、スマホ経由でインターネット接続すれば、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを屋外でも利用できます。

Amazon Fire TV Stickなどの外付けデバイスは、キャンプ場での電源確保が難しい場合があります。よって、OS搭載のモバイルプロジェクターがキャンプの最適解です。

キャンプにおすすめのモバイルプロジェクター

キャンプ用におすすめのプロジェクターのスペックは以下の通り。

スクロールできます
Nebula Astro
Nebula Astro
WIMIUS Q2
WIMIUS Q2
Nebula Capsule3
Nebula Capsule3
価格34,999円37,999円69,990
光源LEDLEDLED
解像度SD
854×480p
HD
1280×720p
フルHD
1920×1020p
明るさ100
[ANSIルーメン]
150
[ANSIルーメン]
200
[ANSIルーメン]
HDR10対応
投影サイズ20-100
インチ
記載なし40~120
インチ
スピーカー3WW数不明8W
フォーカス手動手動オート
台形補正垂直/オート
水平/手動
垂直/オート
水平/手動
垂直/オート
水平/オート
バッテリー約2.5時間約2時間約2.5時間
騒音30dB以下25dB以下28dB以下
サイズ9.12×8.2×8.92
[cm]
6.3×6.3×6.3
[cm]
7.8×7.8×16.0
[cm]
重量約380g約255g(三脚込み)約850g
接続端子HDMIHDMI mini
USB
3.5mmAUX
HDMI
USB
3.5mmAUX
給電USB-C専用DCケーブルUSB-C
Bluetooth4.25.25.1
Wifi2.4/5Ghz2.4/5GHz2.4/5GHz
OSAndroid 7.1Android TVGoogle TV
その他アイガード機能折りたたみ式スタンド
レンズカバー
障害物自動回避
スクリーンフィット
各製品の比較

Anker製品で最軽量、最安機種のNebula Astro

Anker Nebula Astro を切り株の上に置く

Ankerの現行製品の中でもライトユーザー向けの製品で、簡単にストレスなく使うことができる、ユーザーフレンドリーな製品です。

本体はりんごサイズで、重さ380g。

Nebula Astroとりんごのサイズ比較

Nebula Conecctアプリをインストールしておくことで、スマホをリモコン代わりに使えます。

Nebula Connect(SmartProjector)
Nebula Connect(SmartProjector)
開発元:Power Mobile Life LLC
無料
posted withアプリーチ
スマホリモコンのメリット
  • リモコン不要で、荷物が減る
  • Bluetooth接続で、赤外線リモコンより反応がいい
  • 暗い場所でも操作ができる

他社製品でもスマホをリモコン代わりにできる機能がありますが、大体はWiFi接続で、屋外で機能しません。Nebula AstroはBluetooth接続なので屋外でも安定して接続できるのが強みです。

また本機は多くのポータブルスピーカーを手掛けてきたAnker製なので、音が美しいです

Bluetoothスピーカーモードを搭載しているので、

  • 昼間はBluetoothスピーカーとして、音楽を楽しむ
  • 夜はプロジェクターとして、動画を楽しむ

という感じで、昼も夜も活躍してくれます。

Nebula Astroをキャンプ内で使う

Nebula Astroの映像はこちらのYouTube動画で確認できます。

画質はDVD相当のSD画質で、映像にこだわる人には物足りない性能。その分、本体はコンパクトで値段が抑えられていて、使いやすいです。

Nebula Astroを手に持つ

価格と性能のバランスがいいので、ホームプロジェクターの入門機としても、とてもおすすめの製品です。

\Nebula Astroの徹底レビュー記事はこちら/

携帯性が最高なのはWIMIUS Q2

屋外で使用されるWIMIUS Q2

個人的に今回イチオシのプロジェクターはWIMIUSの Q2です。

まず、サイズがスタンド込みで255gと超小型。これは、数あるモバイルプロジェクターの中でもトップクラスの軽さで、二本指で持てるサイズ感です

WIMIUS Q2を指で持つ

さらに、

  • 折りたたみ式スタンド付き
    三脚不要
  • 本体のタッチパネルで操作が可能
    リモコン不要
  • 約2h持続のバッテリー内蔵
    充電器不要(1泊くらいなら)

つまり255gの本体だけで、持ち物はOK。

折りたたみスタンド機能は唯一無二の特徴で、砂利などで凹凸のある床でも、水平を安定させながらスクリーン位置を調整できます。

WIMIUS Q2のスタンドを使う

解像度はHD画質で、モバイル機の中では十分綺麗な映像です。以下のYouTubeで画質を確認してみてください。

また本機はAndroid OSを搭載しているので、YouTubeやAmazonプライムビデオなど、お気に入りのサービスをキャンプ場でも楽しめますよ。

テントでWIMIUS Q2を使う

本体が小型な分、スピーカー最大音量が小さめなのが弱点ですが、そもそもキャンプ時に大音量を鳴らすことはないので、ここは問題ないかと。自宅で迫力のある音を聞きたい場合は、別途Bluetoothスピーカーを用意すると良いでしょう。

WIMIUS Q2はAmazonで定価37,999円。不定期ですが、セール時は2万円台で買えることもあるので、ぜひ価格を確認してみてください。

\WIMIUS Q2の徹底レビュー記事はこちら/

画質重視ならAnkerのNebula Capsule3

Anker Nebula Capsule3

画質にこだわりたい人におすすめしたいモバイルプロジェクターがNebula Capsule3。

こちらは2024年1月発売の新しい機種で、かなりハイスペック。

  • フルHDの高解像度
  • HDR10対応で、繊細な明暗表現
  • 壁色に合わせて調整を行う、壁色補正機能
  • 自動フォーカス、自動台形補正、スクリーンフィット機能、障害物自動回避機能による簡単セットアップ

と盛りだくさんのハイテク機能で、どこでも、簡単に、モバイル機最高峰の美しい映像が楽しめます。

実際の映像は、こちらのYouTube動画で確認できます。

別売りの公式スタンドは、コンパクトなのでキャンプに最適。

Nebula Capsule3と公式スタンド
Nebula Capsule3に公式スタンドを使う

\公式スタンドのレビュー記事/

また、Nebula Connectアプリを使うことで、スマホをBluetooth接続してリモコンがわりにすることができて便利です。

価格は6万円台と中々高額キャンプの時だけ使うには勿体無い性能なので、日常的にプロジェクターを使いたい映画通や、長時間ゲームをするヘビーユーザーにおすすめしたい製品です。

Nebula Capsule3を手に持つ

\Nebula Capsule3の徹底レビュー記事はこちら/

よくある質問

Q and A
キャンプでプロジェクターを使う場合、スクリーンは必要ですか

必ずしも必要ではありませんが、あったほうが映像が綺麗に見えます。用意が大変であれば、テント内壁や、白い布などでも大丈夫です。

キャンプにおすすめのスクリーンは、以下の記事を参考にしてください。

キャンプ場でプロジェクターを使うことで、他の人に迷惑をかけませんか

使い方次第で他人に迷惑をかける恐れがありますので、使う場所や時間帯、音量などに注意が必要です。また、キャンプ場によっては、音の出る機器の仕様が禁止されている場合があるので、事前に確認が必要です。

以下の記事で、キャンプ場で迷惑にならないプロジェクターの使い方を解説しています。

WiFiのないキャンプ場でもプロジェクターの映像を楽しめますか

WiFi のないキャンプ場でも、スマホ電波の活用や、オフラインコンテンツの利用によってプロジェクターの映像を楽しむことができます。

WiFiのない環境でプロジェクターを楽しむ方法は以下の記事で解説しています。

テント内でも、屋外でも、キャンプでプロジェクターを楽しもう

今回紹介した3機種は、プロジェクターオタクの筆者がキャンプの相棒として自信を持って勧められる機種です。

機種毎の徹底レビュー記事がありますので、気になる方は参考にしてください。

キャンプでプロジェクターを楽しむ

筆者は毎年キャンプに行きますが、おすすめのプロジェクターの使い方は、テント内での寝ながら投影会

テント内で映像を楽しむ

壁にはシワやたるみがあるかもしれませんが、それも味なので、気にしない。普段の映画館や液晶テレビの完成された美しさとは違った、自分だけの映像体験がそこにはあります。またテントの内側で映像を投影することで、虫対策にもなりますし、他のお客さんの迷惑にもなりませんよ。

もちろんもっと綺麗な映像を楽しみたいなら、スクリーンを用意すればOKです。

ぜひ、プロジェクターでキャンプライフを充実させてみてはいかがでしょう。

スクロールできます
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次