【2024年最新機種】Anker Nebula capsule3を徹底レビュー【プロジェクターオタクが魅力を分析】

Anker Nebula Capsule3

本記事は、2024年に発売された「Nebula Capsule3」に関する記事です。2022年に発売された「Nebula Capsule3 Lazer」の記事はこちら

今回はプロジェクターオタクである筆者が、最新機種のNebula Capsule3を徹底的にレビューしていきます。

  • 前機種との違い
  • 画質と音質
  • 使いやすさ

上記を知りたい方は、ぜひ記事をお読みください。

あらかじめ結論を述べると、Nebula Capsule3は映像、音、使いやすさの全てがハイレベル。コスパは間違いなくモバイルプロジェクター最高クラスの製品です。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパ感動するコスパ
画質映像は美しい
明るさ暗室で問題なく見える
音質音は美しい
操作性感動する操作性
こちらのページの基準を基に評価
目次

Nebula Capsule3のスペック

Nebula Capsule3を手に持つ
製品型番:D2425N11
発売日:2024年1月
税込価格:69,990円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
HDR10:対応
明るさ:200ANSIルーメン
光源:LED
光源の寿命:30,000時間
投影方式:DLP方式
台形補正:水平垂直オート
100インチ投影距離:266cm
スピーカー:8W
騒音:約28db
バッテリー:動画2.5h
入力:電源(USB-C)、HDMI、USB
出力:3.5mmAUX
OS:Google TV
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:5.1
重さ:約850g
サイズ:160mm×78mm

Nebula Capsuleシリーズの一覧

AnkerNebula Capsuleシリーズは、2018年に初代が発売されて以降、進化を続けている人気のモバイルプロジェクターのシリーズです。以下はざっくりとした性能比較。

スクロールできます
機種発売年価格明るさ
[ANSIルーメン]
解像度HDR10オート
台形補正
スピーカーOS重さ
[g]
Nebula Capsule2018年39,999円100SD非対応垂直5WAndroid7.1470
Nebula CapsuleII2019年69,990円200HD非対応垂直8WAndroid TV 9.0740
Nebula Capsule3 Laser2022年119,900円300フルHD対応垂直/水平8WAndroid TV11.0950
Nebula Capsule32024年69,900円200フルHD対応垂直/水平8WGoogle TV850

Nebula Capsule3は2019年発売のフラグシップモデルであるNebula CapsuleIIの正統進化という位置付け。価格と明るさは据え置きで、フルHD/HDR10対応で画質が大幅に進化しています。明るさは2022年発売のレーザープロジェクターNebula Capsule3 Laserに劣りますが、そちらは本機より価格が5万円ほど高いです。また、Google TV搭載、全自動の台形補正などが追加され、使いやすさはシリーズで最高の進化を遂げています。

総合的なバランスを考えると、Nebula Capsule3が一番コスパが高いモデルだと思います。

ジェクタ

Nebula Capsule3は、IIから価格据え置きで映像と操作性が進化という認識でOKです

こちらの記事でNebula Capsule全シリーズの性能を比較していますので、気になる方はご覧ください。

実際の映像と音を確認

100インチでプロジェクターの映像と音を撮影しました。お持ちのデバイスの中で、なるべく大画面のもので見ると雰囲気がよくわかると思います。

ジェクタ

映像だけでなく、音も良くて驚きました

Nebula Capsule3の映像をレビュー

100インチの映像を徹底的に確認していきます。

ジェクタ

写真はタップで拡大できます

少し明るい部屋でも使える明るさ

とても明るい部屋

とても明るい部屋

Nebula Capsule3

Nebula Capsule3明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

Nebula Capsule3

Nebula Capsule3少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Nebula Capsule3

Nebula Capsule3暗い部屋での映像

200ANSIルーメンの映像は、明るい部屋では映像が見にくい印象。

カーテンを閉めれば昼間でも映像を楽しめますので、なるべく部屋を暗くして使用しましょう。

色は鮮やか

元画像

色見本

Nebula Capsule3

元画像

Nebula Capsule3

色は鮮やかで、フルーツも美しく投影できています。

デフォルト設定は画面が若干青っぽい印象を受けますが、映像は細かくカスタマイズが可能です。

映像カスタマイズ

・輝度
・コントラスト
・彩度
・鮮明度
・色温度
・壁の色
・ガンマ

画面全体の解像度が高い

Nebula Capsule3の解像度を確認

100インチの画面の文字を拡大してもドット感はなくとてもきれいです。画面角のピンボケや光量の低下もほとんど感じませんでした。

プロミ

画面全体が均一で美しいということね

HDR10対応で明暗の表現に優れる

他の格安機の映像
(HDR非対応)

HDR非対応の格安プロジェクターの映像

Nebula Capsule3
(HDR10対応)

HDR10搭載のNebula Capsule3の映像

左の画像は1万円以下の機種の映像で、右がNebula Capsule3。

どちらも解像度はフルHDですが、HDR10対応の本機は黒や白が「ベタ塗り」とならず、様々な色の光を塗り分けられています。

ジェクタ

映像は非常に高クオリティ!
持ち運べる映画館です

Nebula Capsule3の音質をレビュー

Nebula Capsule3の音質を確認

スピーカーは出力8W、Dolby Digital Plus対応です。

筆者は実機でNebula Capsuleシリーズ全機種の音質比較をしましたが、Nebula Capsule3が一番良い音でした。特に低音の迫力に進化を感じ、10万円を超えるNebula Capsule3Laserより臨場感のある音を鳴らしていました。

音量も音質も十分で、映画や音楽鑑賞を十分楽しめるレベルです

Nebula Capsule3の本体と付属品

本体と付属品は以下の通り。

本体、リモコン、乾電池、充電ケーブル、説明書

Nebula Capsule3の本体と付属品

正面の写真。NEBULAロゴの上に、位置合わせ用の小さなカメラセンサーがあります。

Nebula Capsule3正面

裏側には電源ボタン、Bluetoothスピーカーモードのボタン、各種ケーブルの差し込み口。

Nebula Capsule3背面

上面の操作スイッチは光るので、暗闇でも操作可能です。

Nebula Capsule3上面

底面には滑り止めのゴムと、三脚用のネジ穴があります。

Nebula Capsule3 底面

重さは850g。

ペットボトルより小さいサイズ感で携帯性に優れます。

ペットボトルとNebula Capsule3

Nebula Capsule3の使用感をレビュー

リモコンは操作性が最高

Nebula Capsule3のリモコン

これまで何台もプロジェクターを触ってきましたが、リモコンの使いやすさは最高です。

  • ボタンが光る
  • サクサク動く
  • 音声アシスタント対応
  • Prime Video、Netflixにワンボタンで飛べる

Nebula Capsule3のリモコンは手に持つと自然にボタンが光り、暗闇での押し間違えを防いでくれます。さらに、リモコンを置くと消灯するので、光に気が散ることもありません。

起動時間は47秒

Nebula Capsule3の起動時間

スイッチを入れ、OS立ち上げ、画面調整終了まで47秒。

少し待ちますが、自動の台形補正とフォーカスが終わってるので、そのまま映像を楽しめます。

画面調整が全自動で楽

Nebula Capsule3の自動台形補正機能
  • オートフォーカス
  • 水平/垂直オート台形補正
  • スクリーンフィット機能
  • 障害物回避機能

全ての画面調整が自動です。

持ち運びの多いモバイルプロジェクターでは、ぽん置きですぐ映像を見れるのは非常にありがたい。画面位置は思い通りに手動調節も可能です。

ファンの音は小さい

騒音の目安

排熱口に手を当てると熱風は感じますが、駆動音は非常に静かです。公式HPによると騒音は約28dBで、これは鉛筆の筆記音より小さい音。

映画を見ていて駆動音が気になったことがないので、ファンの音に敏感な人にも自信を持って勧められます。

Google TV搭載で進化したUI

初期設定のアナウンスに従ってGoogleアカウントと連携するだけで、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスをすぐ楽しめます。

プロミ

これまでのAndroid TVと何が違うの?

ジェクタ

Google TVでは、様々な映像コンテンツに横断的にアクセスできるんだ

Android TV
Google TV
  • Android OSベースの構築
  • Androidアプリと連携しつつ、Google検索エンジンとアシスタントを中心に構成
ジェクタ

例えば、ホーム画面の「大ヒット映画映画」欄には、NetflixやPrimeVideo、U-NEXTなど複数サービスを跨いだ、自分のためのラインナップが表示されます

またこれまでのNebulaシリーズでは、Netflixが専用アプリ経由でないとダウンロードできませんでしたが、そこも解消され使いやすくなっています。

スマホの映像をワイヤレスで映せる

Nebula Capsule3で画面ミラーリング

プロジェクターとスマホを同じWifiネットワークに繋ぐことで、スマホの映像を投影できます。iPhone、Androidともにアプリ不要で、スマホのキャストアイコンから、Nebula Capsuleを選択するだけです。

低遅延のゲームモード搭載

ゲームモードでは、コントローラーの入力遅延を大幅に低減。

・ゲームモード 標準 → 通常より応答速度が高い
・ゲームモード エクストリーム → 更に反応が高速だが、画面の台形補正が不可

応答速度の検証として、任天堂スイッチのスマブラで、ボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。その結果、エクストリーム設定は60Hzのモニターとほぼ同じ反応速度でした。※スロー映像を目視で確認した結果なので、あくまで参考までに

正直ゲームモードでなくても、スマブラをやっていて遅延は全く感じないレベル。E-スポーツなどのガチ勢でない限り、快適にゲームができるレベルでしょう。

壁色補正機能で、色味を補正できる

Nebula Capsule3の壁色補正機能

Nebula Capsule3は壁の色に合わせて映像を補正することができます。

写真は例として、緑の画用紙に映像を写したもの。かなり極端で厳しい条件ですが、それでも壁色補正機能を使うことで、色味が自然で鮮やかになっていることがわかります。

プロミ

白以外の壁でも、きれいな映像が映せるわ

スマホでリモコン操作可能

Nebula Connectアプリを利用することで、スマホでリモコン操作が可能です。

こちらは、Bluetooth接続なので、Wifiのない屋外環境でもこの機能は利用できます。

プロミ

キャンプに持って行く時、リモコンが不要になるので便利

三脚は安定感の高いものを

外出先の使用には、三脚があると便利です。

本体が縦長で倒れやすいので、三脚は安定感のあるものを使用しましょう。

ジェクタ

100均の三脚は強度が足りず使用できませんでした・・・・

おすすめは、Nebula Capsuleの公式スタンド。こちらの記事でレビューをしましたが、胸ポケットに入るコンパクトサイズで、デザインも本体に合っています。

プロミ

天井投影も簡単にできるわよ

Nebula Capsule3で天井投影

もし安価なスタンドが欲しい場合は、カメラ用の小型三脚を使用すると良いでしょう。

収納は簡単

Nebula Capsule3を飾る

小さいので収納場所に困りません。デザインがおしゃれなので、棚に並べるだけで見栄えがよく収まります。USB-C給電なので、PCと電源を共有でき、デスク周りに置いても使いやすいです。

Nebula Capsule3のメリットデメリット まとめ

Nebula Capsule3で映像を楽しむ
メリット
デメリット
  • 2から価格が据え置き
  • フルHD/HDR10の映像
  • Google TV搭載
  • 画面調整が全自動
  • リモコンが使いやすい
  • ゲームモード搭載
  • Dolby Digital Plus対応で音がいい
  • 明るさは200ANSIルーメンでそこそこ
  • 天井投影には三脚が必要

モバイル機ですが映像と音は本格的で、そして何より使いやすかったです。今回筆者がボタンが光るリモコンで感動したように、一つ一つの機能にユーザー想いのこだわりを感じて、ますますこのシリーズが好きになりました。

軽くて位置合わせが簡単なので、プロジェクターを固定せず、いろんな場所で使いたい人におすすめです。また、収納のスペースを取りませんので、アパートに暮らす方の相棒としてもおすすめできます。

Nebula Capsule3をぽんと置くだけで、どんな場所でも映画館が完成します。ぜひ大画面の映像で、贅沢な時間を過ごしてみてはどうでしょう。

\Nebula Capsuleシリーズ全機種を比較/

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次