【胸ポケットに入る】Nebula Capsuleの公式プロジェクタースタンドがおすすめ【徹底レビュー】

コンパクトサイズながら、美しい映像が楽しめるAnkerのNebula Capsuleシリーズには、公式のプロジェクタースタンドが存在します。

この専用スタンドは価格が4,990円とそこそこするので、気になっているけど購入に慎重になっている方も多いと思いことでしょう。そこで、本記事ではこの公式スタンドの使い心地について、徹底的にレビューをしていきます。

結論から言うと、この公式スタンドはかなりおすすめです

  • 90gで、胸ポケットに入るサイズ
  • 傾斜角度が思い通り
  • 本体とマッチする質感とデザイン

写真付きで詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

Nebula Capsule公式スタンドは想像以上のコンパクトさ

Nebula Capsule 公式スタンドの箱

箱はこのような感じでした。

手のひらに乗るNebula Capsule 公式スタンド

開けて中身を取り出すと、この通りとてもコンパクト。

直径8.5cm、厚さ2mm、重さ90gほど。

手持ちの小型三脚とサイズを比べると、かなり携帯性に差があることがわかります。

Nebula Capsule 公式スタンドと、三脚
公式スタンドと三脚にプロジェクターを取り付け
プロミ

これだと携帯性が全然違うわね

材質はメタルで、プロジェクターや床との接触部に滑り止めのゴムが付いています。メタル部のカラーや質感が本体と同じなので、並べると統一感があり美しいです。

Nebula Capsule 公式スタンドとNebula Capsule3

Nebula Capsule公式スタンドの使い勝手をレビュー

スタンドは展開式で、ヒンジ部を介した3つの部品から構成されています。

Nebula Capsule 公式スタンドの構成

使い方としては、まずは外側のリングを目一杯展開。

展開したNebula Capsule 公式スタンド

その後、ねじ付きの台座部を傾斜させ、Nebula Capsule本体を取り付けます。

Nebula Capsule 公式スタンドにプロジェクターを取り付け

この時、本体を傾斜方向に対して一直線に取り付けないと台形歪が生じてしまうので注意。スタンドの端に目印があるので、ここが電源ボタンと一直線になるように取り付けます。

Nebula Capsule 公式スタンドにセンター合わせ
プロミ

ヒンジ部が緩くて、位置がずれてきたりしないの?

ジェクタ

そこはしっかり設計されているね
思い通りの場所で、ビタッと止まり、安定するよ

Nebula Capsule 公式スタンド角度調整の様子

気になる点は、1方向への単純な傾斜調整しかできないこと。置き場所が平らでない場合、映像が傾いて投影されてしまうので、水平/垂直2方向の台形補正による調整が必要です。Nebula CapsuleⅡは、水平台形補正機能がなく、この修正が難しいのでご注意ください。

また、公式スタンドを使って天井投影も可能です。その場合は下の写真のように、外側のリングを閉じた状態で本体を寝かせます。

Nebula Capsule 公式スタンドで天井投影
プロミ

スタンドで転がるのを防止しているようなイメージね

天井投影時は、本体背面の充電口は塞がった状態になるので、充電しながら使用できない点に注意しましょう。

結論 公式スタンドはメリットが多い

Nebula Capsule 公式スタンドを使用している様子
メリット
デメリット
  • 超コンパクトサイズ
  • 傾斜角度が思い通りで、使いやすい
  • デザインの統一感が出る
  • 価格はやや高め
  • 天井投影時は充電不可

一番の魅力はコンパクトさです。

いくらプロジェクターが小さくても、三脚が重く大きくては、いろんな場所へ持ち運ぶ気になれませんよね。このNebula Capsule専用のスタンドは、折りたたみ方式によって、必要十分な強度と小型化を両立しています。

実際の出先では、スタンドなしだと思った場所に投影できずに困る場合も多いです。ぜひ携帯性抜群の専用スタンドを購入して、気持ちよくNebula Capsuleを使ってみてはいかがでしょうか

Nebula Capsuleシリーズのレビュー記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次