【Amazon人気No.1】YOWHICK 5gwifi プロジェクター DP02Bを徹底レビュー

Amazonのプロジェクターランキングを見ると、1位になっていることが多いYOWHICKの格安プロジェクター。

プロジェクターオタクを自称する筆者ですが、お恥ずかしながらYOWHICKについてはよく知らず、製品を使ったこともありませんでした。

ジェクタ

Amazonで絶賛の口コミを見ても、「怪しいなー」と疑ってしまいます・・・・

プロミ

安すぎると、逆に不安よね

そこで、今回の記事では、Amazon売れ筋1位のプロジェクターDP02Bを徹底的にレビューします。

  • YOWHICKってどんなメーカー
  • Amazonランキング1位の格安プロジェクターの実力
  • DP02Bは買いなのか

この辺りの疑問に答えていきます。

あらかじめ結論を述べると、1万円以下でこのクオリティはなかなかすごいです。ちゃんとフルHDだと感じられる映像を楽しめます。

上位機種と比べるとさすがに品質の差は感じますが、大画面を体験してみたいプロジェクター初心者におすすめの製品です。

スクロールできます
項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質画質はきれい
明るさ暗室で問題なく見える
音質音はそこそこ
操作性良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

YOWHICKってどんなメーカー

メーカーの情報を収集してみました。

  • 中国深圳の会社のプロジェクターブランド
  • 設立は2021年9月2日
  • 日本語の公式サイトがある
  • プロジェクター、ヘッドホン、空気洗浄機、スマートウォッチなどを販売
  • 自社工場を持たず、製造は中国の協力会社に委託している模様。

まとめると、中国の新興メーカーであり、外注で製造したプロジェクターを販売しているようです。

中華系メーカーは公式サイトがない場合が多いのですが、YOWHICKは日本語版のHPがしっかりありました。サイトを通じて日本語で問い合わせができる点は安心感があります。

Amazon1位のプロジェクターDP02Bのスペック

YOWHICK DP02B
型番:DP02B
税込価格:16,999円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
明るさ:12000ルーメン
光源:LED
台形補正:垂直±15°
100インチ投影距離:300cm
スピーカー:10W
入力:DC、HDMI、USB2.0、AV
出力:3.5mmAUX
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:5.3
重さ:0.48kg
サイズ:14.9×12.9×6.3cm

Amazonの定価は16,999円ですが、割引やクーポンなどで、大体9,000円くらいで買えます。

スペックは、解像度フルHD、明るさ12000ルーメンと1万円以下とは思えない性能。

Amazonの口コミを見てみると、2024年2月14日現在、レビュー数は907件で星4.7。これはちょっと評価が高すぎて、逆に不安になりますよね。

ご安心ください。

本記事ではさまざまなプロジェクターを見てきた経験をもとに、正直に性能をレビューしていきますよ。

本体と付属品を確認

正面から見るとこのような感じ。

YOWHICK DP02B正面

フォーカスと台形補正は黒いつまみを回します。台形補正は垂直方向のみ±15度の範囲で調整可能です。

YOWHICK DP02B上面

背面にはスピーカー口と、HDMI、イヤホンジャック、USB、AV端子。

YOWHICK DP02B背面

裏面には三脚用のネジ穴があります。

YOWHICK DP02B底面

サイズはかなり小型です。

YOWHICK DP02Bとペットボトル

重さは500g以下。

YOWHICK DP02Bの重さ

意外に付属品が充実しています

リモコン、充電ケーブル、HDMIケーブル、AVケーブル、取扱い説明書、ホコリ清掃用の綿棒

YOWHICK DP02Bの付属品

実際の映像

スクリーンに100インチのサイズの映像を投影してみました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

ジェクタ

普通にフルHDの映像を楽しめました・・・・

YOWHICK DP02Bの画質をレビュー

以下、100インチの映像を細部まで確認していきます。

ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像の明るさを確認

とても明るい部屋

シーリングライトの明るさ最大

DP02Bの映像

YOWHICK DP02B明るい部屋での映像

少し明るい部屋

シーリングライトの明るさ暗め

DP02Bの映像

YOWHICK DP02B少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

DP02Bの映像

YOWHICK DP02B暗い部屋での映像

12000ルーメンの明るさは及第点だと思います。昼間でもカーテンを閉めれば十分映像を楽しめますよ。

色味を確認

元画像

13色のカラー

DP02B

YOWHICK DP02Bで映した12色のカラー

元画像

様々なフルーツ

DP02B

YOWHICK DP02Bで映したフルーツ

DP02Bの映像は全体的に青みがかっています。発色の鮮やかさについては、正直なところ高額な機種との差を感じました。

ちなみに映像の色味はカスタマイズ可能。自分の好きな見え方になるよう調整しましょう。

YOWHICK DP02Bの色調設定

解像度の確認

引きで見た映像はきれいな印象で、映画の字幕も問題なく読めるでしょう。

しかし1文字を拡大すると、ピント合わせが難しい画面端は少しボケ気味で、光量も落ちています。

YOWHICK DP02Bの音質をレビュー

本体スピーカーの音はこもり気味で、そんなに良くないです。

DP02BはBluetooth接続ができるので、Bluetoothスピーカーの使用をおすすめします。

おすすめのBluetoothスピーカーは、AnkerのSoundcore2。

Anker Soundcore2

5000円以下で、音を劇的に改善できます。

実際に内蔵スピーカーとSoundcore2の音質を比較したので、以下の動画で確認してみてください。

10秒ごとに音が切り替わります
プロミ

音が全然違うわね。

簡単に音を改善できるので、とてもおすすめです。

YOWHICK DP02Bの使用感をレビュー

起動時間は9秒

YOWHICK DP02Bの起動時間

起動時間がかなり早くて驚きました。

AndroidなどのOSを内蔵している製品は、大体45秒くらいかかるのですが、DP02Bは機能が単純な分立ち上げが高速化できています。この速度は、全プロジェクターでもトップクラスの速さだと思います。

コンパクトで収納には困らない

YOWHICK DP02Bを棚に飾る

本体は奥行き13cmとかなりコンパクトなので、収納には困りません。見た目もシンプルなので、男女問わず部屋に飾ることができます。

排気ファンの音は少し気になる

YOWHICK DP02Bのファン

排熱ファンの音はそこそこしますので、音に敏感な人は気になるかもしれません。

1メートルくらい距離を取ればだいぶ軽減されますので、なるべく離れて座りましょう。

リモコンの操作性は普通

YOWHICK DP02Bのリモコン

リモコンの反応速度は、普通です。

Wifiの13桁の暗証番号の入力もそこまでストレスを感じませんでした。ボタンがシンプルなので、説明書を見なくても直感的に使うことができましたよ。

ゲームは快適

YOWHICK DP02Bでゲーム

任天堂switchとプロジェクターを繋いでゲームをプレイしましたが、遅延は全く感じませんでした

応答速度の検証として、スマブラでボタンの入力から技が発動するまでのスロー映像を60HzのPCモニターと比較。PCモニターと比較した際の遅延は、0.05秒以下でした。
※スロー映像を目視で確認した結果なので、数字は参考までに

1フレームを争うようなオンライン対戦でない限りは、快適にゲームができるレベルでしょう。

三脚があると便利

YOWHICK DP02Bと三脚

本体に角度調節機能がないので、三脚があると便利です。

DP02Bは重さが軽いので、三脚は小型のもので十分です。

スマホミラーリングができる

YOWHICK DP02Bのミラーリング画面

iPhone、Android共に家のWifiに接続することで、スマホ画面を映すことができます。スマホの動画や写真を家族やと友達と大画面で共有したり、スマホゲームも楽しめますよ。

YOWHICK DP02Bでスマホの映像を映す

ミラーリングでYoutubeも視聴できました。

YOWHICK DP02BでYoutubeを見る

Fire TV Stickは合わせて用意したい

DP02BはAndroidなどのOSを内蔵していません。よって動画配信サービスを利用するためには、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスを用意して、Wifiに接続する必要があります。

一番安い機種で問題ないので、合わせて用意しましょう。

YOWHICK DP02Bのメリットデメリット まとめ

光を放つYOWHICK DP02B
良い点
悪い点
  • 安い
  • フルHDの高い解像度
  • 機能がシンプルで操作しやすい
  • 100インチでも十分楽しめる
  • ゲームは遅延を感じない
  • 発色が若干悪い
  • 画面端が少しボケる
  • 音はそこそこ

Amazonで1万円以下で買えるので、コスパは高いと感じました。50インチのテレビを使うより、このプロジェクターで80インチの映像を映す方が、お得に映画もゲームも楽しめると思います。

とにかく安く、大画面の映像を楽しみたい人におすすめ。

スクロールできます

DP02Bは価格が安い分、画質と使い勝手は物足りない部分があります。もう1万円ほどグレードを上げれば、だいぶ映像と音が美しくなり、またAndroid TVも搭載されます。

もしプラス1万円の予算のある方は、以下のプロジェクターがおすすめなので、記事をご覧ください。

\WIMIUS P63をレビュー/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次