【魅力が全て分かる】Nebula Cosmos Laser 4Kを徹底レビュー【極上画質のプロジェクター】

Anker Nebula Cosmos Laser 4K

ゲームや動画配信サービスの4K対応が進み、ハイクオリティな映像を自宅で楽しめるようになりました。

TVと違い4Kプロジェクターはまだまだ高価ですが、圧倒的な大画面の4K映像は見たものの心を掴みます。

Nebula Cosmos Laser 4K 100インチの星空の映像
Nebula Cosmos Laser 4K 100インチの映像

今回はAnkerプロジェクターの最上位機種、Nebula Cosmos Laser4Kを徹底的にレビューしていきます。

Nebula Cosmos Laser 4Kの特徴
  • 4K UHD/HDR/2200ANSIルーメン/レーザー光の最高の映像
  • 10W×2スピーカー、5W×2ツィーターのサラウンド音響
  • Android TV搭載で動画サービスを楽しる
  • 全自動の画面調整

自宅で最高の映像体験をしたい人に自信を持っておすすめできます。

価格が高くて購入を迷っている方は、本記事でどこよりも詳しく魅力を説明していきますので、ぜひプロジェクター選びの参考にしてください。

項目評価コメント
コスパ値段相応の価値がある
画質映像に感動する
明るさ明るい部屋でも見やすい
音質音に感動する
操作性感動する操作性
こちらのページの基準を基に評価
目次

Nebula Cosmos Laser 4Kのスペック

Nebula Cosmos Laser 4Kを机の上に置く

Nebula Cosmosはアンカーの据え置きプロジェクターのブランドで、現在以下の3つのグレードの製品が販売されています。

今回レビューするNebula Cosmos Laser 4Kは、そんなCosmosシリーズの最上位機種です。

Anker Nebula Cosmos シリーズ一覧

CosmosCosmos MaxCosmos Laser 4K
外観
税込価格¥89,900¥149,900¥249,900
光原LEDLEDLaser
解像度フルHD4K4K
HDR10対応対応対応
明るさ[ANSI]81015002200
投影方式DLPDLPDLP
台形補正垂直:オート
水平:マニュアル
垂直:オート
水平:マニュアル
垂直:オート
水平:オート
100インチ投影距離266cm266cm281cm
スピーカー10W×210W×410W×2
5W×2(ツイーター)
騒音32dB以下32dB以下30dB以下
入力HDMI2.0×2
USB-A×2
HDMI2.0×2
USB-A×2
HDMI2.0
USB-A
出力光デジタル光デジタル3.5mmAUX
OSAndroid TV 9.0Android TV 9.0Android TV 10.0
ゲームモード搭載非搭載搭載
Wifi2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz
Bluetooth4.24.25.0
重さ2kg3.6kg4.9kg
サイズ92×290×19899×350×248mm165×220×263mm

3機種の主な違いは、光源、解像度、明るさです。

Nebula Cosmos Laser 4K

・レーザー光源
・4K解像度
・2200ANSIルーメン

Nebula Cosmos Max

・LED光源
・4K解像度
・1500ANSIルーメン
Nebula Cosmos Maxのレビュー記事のはこちら

Nebula Cosmos

・LED光源
・フルHD解像度
・810ANSIルーメン
Nebula Cosmosのレビュー記事のはこちら

Nebula Cosmos Laser 4Kは価格が最も高価ですが、レーザー光で明るい4K映像を楽しめます。

プロミ

レーザーだと何がいいの?

ジェクタ

以下のようなメリットがあるよ

レーザー光のメリット
※レーザー光源プロジェクターの一般的なメリットです。本機で全てが当てはまることを必ず保証するものではありません。

レーザー光源はハロゲンランプやLEDよりコストが高いのがデメリットですが、性能が良い最高の光源です。

また、Nebula Cosmos Laser 4Kは、ハイビジョン映像の色域規格のREC709を100パーセントカバーしており、鮮やかな色合いを正確に表現することが可能なんです。

Nebula Cosmos Laser 4Kの本体と付属品

箱はこのような感じ。

Nebula Cosmos Laser 4Kの箱

正面にはレンズと画像補正用の各種センサー。

Nebula Cosmos Laser 4K正面

10W×2基のスピーカーと、高音を補完する5W×2基のツイーターを搭載しています。

Nebula Cosmos Laser 4K側面

背面にはHDMI、USB、3.5mmイヤホンジャック、電源ケーブルの接続口。

背面カバーを外すと、AndroidTV搭載の、Nebula 4K Streaming Dongleが入っています。

Nebula Cosmos Laser 4K背面

上面の操作ボタンは光るので、暗闇でも操作可能です。

Nebula Cosmos Laser 4K上面
Nebula Cosmos Laser 4Kボタン

底面には三脚用のネジ穴があります。

Nebula Cosmos Laser 4K底面

重さは4.9kgで大型ですが、取っ手があるので持ち運びは簡単です。

Nebula Cosmos Laser 4Kとペットボトル
Nebula Cosmos Laser 4Kを持つ

付属品は以下の通り。

リモコン、電源ケーブル、保証書、取扱説明書

Nebula Cosmos Laser 4Kの付属品

実際の映像と音を確認

スクリーンに100インチの映像を投影しました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

プロミ

画面越しでも眩しさを感じるくらい明るいわね

Nebula Cosmos Laser 4Kの映像をレビュー

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

部屋のライト全灯でも楽しめる明るさ

とても明るい部屋

とても明るい部屋

Nebula Cosmos Laser 4K

Nebula Cosmos Laser 4K明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

Nebula Cosmos Laser 4K

Nebula Cosmos Laser 4K少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Nebula Cosmos Laser 4K

Nebula Cosmos Laser 4K暗い部屋での映像

Ankerのプロジェクター史上最も明るい製品で、シーリングライトの明るさ最大でも問題なく映像が視認できます。

Ankerの他のプロジェクターと明るさを比べると、その凄さがわかります。

プロジェクターの明るさ比較

色味ははっきりと鮮やか

元画像

色見本

Nebula Cosmos Laser 4K

Nebula Cosmos Laser 4Kで写した13色のカラー

元画像

Nebula Cosmos Laser 4K

Nebula Cosmos Laser 4Kで写した様々なフルーツ

色味はとてもはっきりとしていて、原色の再現性が高いです。

写真では伝わりにくいかと思いますが、フルーツをみずみずしくくっきり描く映写力は、格安プロジェクターとは段違いでした。

画面角まで明るくはっきり

Nebula Cosmos Laser 4Kの解像度の確認

4Kの映像は、文字の輪郭ははっきりしていて視認性は良好。

さらに画質が劣化しやすい画面端も、中心と変わらないクオリティでした。

プロミ

画面全体が美しい

HDR10搭載で、明暗の表現に優れる

1万円以下の格安機
(HDR非対応)

HDR非対応の格安機の映像

Nebula Cosmos Laser 4K
(HDR10対応)

HDR10対応のNebula Cosmos Laser 4Kの映像

左は1万円以下のフルHD機種で、右がNebula Cosmos Laser 4K。

HDR10対応のNebula Cosmos Laser 4Kは黒や白の明るさの諧調表現が豊かで、様々な色の光を塗り分けられています。

ジェクタ

映像の総評としては、レーザー4Kは想像以上の美しさ

プロミ

こんなの、感動しないわけがないわよ

Nebula Cosmos Laser 4Kで写した花火の映像
Nebula Cosmos Laser 4K 100インチの映像

Nebula Cosmos Laser 4Kは音も最上級

Nebula Cosmos Laser 4Kの音質を確認

10W×2のスピーカーと、5W×2のツイーターの音響はDolby Digital Plus対応。

2基のツイーターのおかげで高音の抜け感が抜群で、4K映像に負けない高クオリティ立体的な音響を構築します。

プロミ

4基のスピーカーの音は立体的で、音に包み込まれるような感覚よ

もし外付けスピーカーの使用を検討してる場合は、以下の記事を参考にしてください。

Nebula Cosmos Laser 4Kの使用感をレビュー

起動時間は46秒

Nebula Cosmos Laser 4Kの起動時間

起動時間は46秒で、OS搭載プロジェクターとしては標準的な速さです。

電源長押し → シャットダウン
電源を1度押す → スリープモード

のような形になり、スリープモードからの起動は5秒ほどで高速でした。

画面調整機能が使いやすい

Nebula Cosmos Laser 4Kの自動台形補正
  • 水平/垂直の自動台形補正
  • 自動フォーカス
  • スクリーンフィット機能

など、画面調整は全自動です。

もし自動調整位置がずれている場合は、手動での4点調整を行うことができます。

Nebula Cosmos Laser 4Kの4点台形補正

排気ファンは静音性に優れる

騒音の目安

騒音は30dB以下で、これは鉛筆の筆記音より静かな音。

Nebula Cosmos Laser 4Kは実はCosmosシリーズで最も静音性に優れています。

プロミ

これだけパワーのある機種なのに、静かなのは嬉しいわね

台か三脚が必要

Nebula Cosmos Laser 4Kを三脚、台に乗せて使う

本体は角度調整機能がないので、目線の高さまで映像を上げるために三脚か台が必要です。

本体は4.9kgと重く、何度も出したりしまったりする場合に本体を落とすリスクがあるので、場所は固定することをおすすめします。

リモコンの操作性は良い

Nebula Cosmos Laser 4Kのリモコン
  • 動作速度がサクサク
  • 音声操作が可能で、検索が楽
  • YouTube、NETFLIX、Prime Video、Disney+の直通ボタンが便利

と、リモコンはかなり優秀です。

また本機はNebula Connectアプリに対応しており、スマホをリモコン代わりに使用できます。こちらも操作性は快適で、暗闇でも使いやすいのが利点です。

Nebula Connectアプリ
ジェクタ

リモコン操作もスマホ操作も快適なので、どっちを使うかはお好みで

画面調整は自由自在

Nebula Cosmos Laser 4Kの画質を調整

上の写真は映像の色温度を強めに調整したものです。

このように、Nebula Cosmos Laser 4Kは画質を自由にカスタマイズ可能。

画像モード

Standard、Vivid、Soft、Movie、Game、Bright、Custom

HDR

ON/OFF

Picture Custom

コントラスト、シャープネス、飽和

色温度

標準、暖かい、クール、RGBカスタマイズ

ジェクタ

こだわりがなければ、標準でも十分

プロミ

映像を調整したい人は、とてもいじりがいがあるわよ

Android TV 10.0搭載で快適に動画を楽しめる

Android TV

Nebula Cosmos Laser 4KはAndroid TV10.0搭載で、Google Playストアから様々な動画配信サービスをダウンロード可能です。Ankerの公式サイトでは、各動画配信サービスの利用可能状況を随時更新しています。

以下は、2024年5月現在公式で対応が確認されているサービスです。

対応サービス

Disney+、YouTube、Prime Video、Netflix、DAZN、Hulu、U-NEXT、dTV、Paravi、FOD、Abema TV、TVer

プロミ

Netflixがプリセットアプリで入っているのは嬉しい

スマホミラーリングは簡単

Nebula Cosmos Laser 4Kでスマホミラーリング

無線接続でスマホの映像を投影できます。

iPhoneの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.AirScreenアプリをプロジェクターにインストールして立ち上げる

3.アプリの指示に従い、iPhoneの画面ミラーリングからNebula Cosmos Laser 4Kを選択

Androidの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.スマホのキャスト機能から、Nebula Vega Portableを選択

天井投影は可能だが、転倒が怖い

Nebula Cosmos Laser 4Kで三脚を使い天井投影

本機は耐荷重5kg以上の三脚を使えば天井投影可能。

ベッドやソファーなどで、寝ながら投影を贅沢に楽しむことができます。

Nebula Cosmos Laser 4Kの天井投影をした映像

しかし4.9kgの本体を傾けると、かなり倒さないように気を使いますので、天井投影をメインに考えている人は、別な機種の方が良いと思います。

ジェクタ

天井投影が簡単で、画質がいい機種が欲しいなら、Nebula Vega Portable がおすすめ

Nebula Vega Portable

低遅延のゲームモード搭載

Nebula Cosmos Laser 4Kでゲームを楽しむ

Nebula Cosmos Laser 4Kは2種類のゲームモードを搭載。

  • Standard
    ゲームモード標準の応答速度で、解像度4Kのまま
  • Extreme
    応答速度を最大限まで高めるモードで、解像度はフルHDに落ちる

任天堂スイッチでStandardモードとExtremeモードの応答速度を比べましたが、0.05秒程の差しかなく、どちらのモードでも遅延を感じず快適にプレイできました。

もしかするとPS5などの4Kのゲーム機でプレイをすれば、Extremeモードの優位性が出てくるのかもしれません。

Nebula Cosmos Laser 4Kのメリットデメリットまとめ

メリット
デメリット
  • 4K/HDR/2200ANSIルーメン/レーザーの美しい映像
  • 4基のスピーカーによる迫力の音響
  • Android TV搭載
  • 全自動の画面調整機能
  • 低遅延のゲームモード搭載
  • 本体が4.9kgで重い
  • 角度調整機能がない
  • 価格が高い
ジェクタ

Ankerトップ製品の実力はさすがでした

レーザーの4K映像は明るく滑らかで、映画館並みの感動を自宅でも味わうことができます。

価格は高いですが、今後4Kコンテンツが中心になっていく中で、長く使い続けられる機種だと思います。

最高の映像体験をしたい人に、おすすめの製品です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績30機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次