プロジェクターで見たいおすすめ映画30選[ホームシアター歴10年が厳選]

映像配信サービスにより、自宅で気楽に映画を楽しめるようになりました。小さい画面では満足できず、プロジェクターを購入し大画面で映画をみる方も増えてると思います。

しかし、いざプロジェクターを買ったものの、大画面でどの作品を見るかいつも迷っていませんか。映画1本見るのに2時間くらいかかるので、作品選びには失敗したくないですよね。

そこで本記事では、プロジェクターを持ってる方向けに、大画面で見たいおすすめ映画30選をご紹介します。私がこれまでプロジェクターで見てきた350本以上の映画の中で、特に「大画面でみてよかった」と思えた作品を選びました。

紹介ジャンル

✔︎アクション ✔︎ドラマ ✔︎SF、ミステリー ✔︎ホラー ✔︎音楽、ミュージカル ✔︎アニメ

多種多様なジャンルから選んでいるので、必ずあなたに合う作品が見つけられるはずです。映像の美しさを堪能できるように、2010年代以降の映画から選びました。

ネタバレなしで各作品の魅力を紹介しているので、気になるものををぜひ視聴してみてください。

目次

アクション映画5選

トップガン・マーヴェリック

映画『トップガン マーヴェリック』ファイナル予告(パラマウント・ピクチャーズYouTubeチャンネルより)

36年ぶりにトップガンの教官として帰って来た伝説のパイロット、マーヴェリックをトムクルーズが演じる。戦闘機の撮影が素晴らしく、本当にコックピットに乗ってるような臨場感を体験できます。仲間と共に困難に立ち向かい、限界を超えていくストーリーに胸が熱くなること間違いなしです。

バーフバリ 伝説誕生

映画『バーフバリ 伝説誕生』予告編 (シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

インドの巨匠S・S・ラージャマウリ監督作。歴史に残るであろう映画叙事詩2部作の前編。空前絶後のアクション、豪華絢爛な歌と踊り、想像を超える常識破壊の展開には映画の面白さが詰まっています。前編「伝説誕生」の次は、さらにパワーアップした後編の「王の凱旋」をお楽しみください。

ベイビー・ドライバー

映画『ベイビー・ドライバー』予告編(ソニー・ピクチャーズ 映画YouTubeチャンネルより)

主人公は犯罪組織の逃し屋ベイビー。本映画では彼の超凄腕のドライブと音楽がリンクした今までに見たことのないスタイリッシュなカーアクションを見ることができます。1つ1つの美術や演出がオシャレで、全編PVを見てるかのような映画です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

荒廃した近未来(いわゆる世紀末)の世界を舞台に、家族を失った主人公の自由を求めた復讐劇を描く。この狂った世界を生き抜くためには、全てをぶっ壊すしかない。そんな感じの痛快な映画です。大画面でアドレナリンが全開になります。

EXIT

【公式】『EXIT』11.22(金)公開/本予告(ギャガ公式YouTubeチャンネルより)

「少女時代」のユナ主演の韓国映画。毒ガスから逃げるため、クライミングスキルのある主人公2人がビルを上へ上へと登っていくアクションは新感覚。高所+毒ガスの緊迫の展開に、手に汗を握ること間違いなし。大画面で見ると高所のスリルが最大に。

ドラマ映画5選

ちはやふる 上の句

「ちはやふる -上の句・下の句-」予告(東方MOVIEYouTubeチャンネルより)

競技カルタに打ち込む高校生を描く、広瀬すず主演の青春ムービー。緩急のある演出や、工夫を凝らしたカットわりで競技カルタの持つ臨場感が引き出されています。また若い役者達の魅力が爆発していて、青春時代の輝きを閉じ込めたような1作になっています。1枚を全力でとりに行く、その眼差しの美しさをぜひ大画面で。3部作なので、「上の句」を見た後は続編の「下の句」「結び」も見たくなること間違いなしです。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」予告編(20世紀スタジオ公式YouTubeチャンネルより)

2012年のアカデミー賞で11部門にノミネートされ、監督賞を始めとして4部門を受賞したアン・リー監督作。突然の嵐により船が沈没し、しがみついた救命ボートには1匹のベンガルドラ・・・。生き残るため、虎と共に過ごした227日間の冒険が美しい風景と共に描かれます。冒険談として子供が見ても面白い上に、大人は何重も意味があるストーリーの奥行きを楽しむことができます。

佐々木、イン、マイマイン

藤原季節主演『佐々木、イン、マイマイン』予告編(シネマカフェ/cinemacafenet YouTubeチャンネルより)

かつての親友「佐々木」に対する複雑な思いを描く。夢、友情、後悔、別れ。言葉にできない感情を圧倒的な熱量で描きった1作きっとあなたも学生時代の友人が、今どうしてるか考えずにはいられない。本気の熱量を、ぜひ大画面で。

寝ても覚めても

映画『寝ても覚めても』90秒予告(映画会社ビターズ・エンドYouTubeチャンネルより)

二人の同じ顔の男の間でゆれ動く女性を描いた、少し不思議な恋愛映画。当たってほしくない予感が不穏に先行する展開はまるでホラー映画を見ているような感覚。「恋愛ホラー」という新ジャンルを、あなたも大画面で体験してみませんか。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告 8月30日(金)公開(ソニー・ピクチャーズ映画YouTubeチャンネルより)

クエンティン・タランティーノ映画の9作目。1969年を舞台に、ピークを過ぎた俳優とその親友のスタントマンがとある事件に交わっていく。タランティーノの映画愛に満ちた至極の一作。映画を見る前に、昔ハリウットで起こった「シャロンテート事件」を調べておくとより楽しめます。当時を再現した世界観が素晴らしいので、大画面で見ることでタイムスリップしたような感覚を味わえることでしょう。

SF・ミステリー映画5選

オデッセイ

映画『オデッセイ 』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

火星に一人取り残された宇宙飛行士の、地球への帰還を目指したサバイバルを描く。本作は火星の過酷さが分かる「体験映画」でありながら、人間の知恵やユーモア、力強さを讃える「人間讃歌」の映画です。ぜひ大画面で火星に飛び込みましょう

ゼロ・グラビティ

映画『ゼロ・グラビティ』特報映像(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

宇宙船が壊れたことで宇宙空間に放り出された主人公が地球への帰還を目指す話です。無重力、無音、どこまでも広がる闇。宇宙空間の恐怖が実感できる究極の無重力体験映画です。

ゴーン・ガール

映画『ゴーン・ガール』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

結婚5年の記念日に妻のエイミーが失踪した事件の真実を追うミステリー。最初は「こういう話か」と思って見ていたストーリーが、思いもよらない方向へ飛躍して見事に着地します。現代夫婦の抱える闇に切り込んだ作品なので、恋人と見る際は要注意デヴィット・フィンチャー監督らしく、全てのシーンが緻密に計算された見応えのある作品です。

真夏の方程式

真夏の方程式 予告編 【フジテレビ公式】(フジテレビ公式YouTubeチャンネル)

福山雅治が天才物理学者ガリレオ(湯川学)を演じる人気ドラマの劇場版。子供嫌いのガリレオが、10歳の少年恭平と海辺の街で事件に巻き込まれていく。ミステリー要素に賛否はありますが、純粋な子供の気持ちに向き合うガリレオの姿が本作の見どころ。「ガリレオシリーズ」未経験者も、もちろん問題なく楽しめます。夏休みのノスタルジーな雰囲気を感じる本作を、ぜひ大画面で味わいましょう。

透明人間

映画『透明人間』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

DVを繰り返していた夫が自殺してから、主人公の女性の周りで不可解な出来事が起こり始める。見えない何か」は本当に存在するのか、疑心暗鬼が産む幻覚か、見ている我々を惑わせる作りになっています。そして明かされる予想外の真実は、あなたを驚かせること間違いなしです。大画面で主人公と一緒に「見えない何か」を探してみてください。

ホラー映画5選

貞子vs 伽耶子

映画『貞子vs伽椰子』予告編(KADOKAWA映画YouTubeチャンネルより)

「見たら死ぬ呪いのビデオ」でおなじみの貞子と、「足を踏み入れたら死んでしまう呪いの家」の伽耶子。ホラー界の2大スターが夢の共演を果たした最恐映画。「化け物には化け物をぶつけんだよ!」生き残るのは誰か、その目で見届けましょう。

ヴィジット

映画『ヴィジット』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

休暇を利用して田舎の祖父母の家へ訪れた姉妹がひどい目に遭う話。展開がトリッキーで読めず、常に予想を裏切られる気持ちよさがあります。また主人公の姉妹がとても魅力的で、彼女らが恐怖を乗り越え成長していく姿に胸を打たれます。

ドント・ブリーズ

映画 『ドント・ブリーズ』 予告(ソニー・ピクチャーズ 映画YouTubeチャンネルより)

目の見えない老人の家に盗みに入った若者たちが、明かりを消された家の中に閉じ込められて追い回される話。暗闇では視覚障害者と健常者との力関係が逆転するというアイデアが面白い。題名の通り、息さえ吐けないほどの究極の緊迫感を大画面で体験しましょう。

ライト/オフ

映画 『ライト/オフ』予告【HD】2016年8月27日公開(ワーナー ブラザース 公式YouTubeチャンネルより)

電気を消すと襲ってくる謎の幽霊。ダルマさんが転んだ方式で、何度も襲ってきて主人公を恐怖におとしいれます。電球がチカチカし出すと、思わずソワソワしてしまいます。ねちっこい感じではなく、お化け屋敷で驚かされるような怖さを体験できます。81分なのでとても気軽に見れます。

アス

『アス』予告編30秒(ユニバーサル・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルより)

ジョーダン・ピール監督作独特の嫌な薄気味悪さが特徴。バカンスに行った家族が、自分たちと同じ見た目をした家族に襲われる話です。R15のためグロい描写もありますが、シュールすぎて笑ってしまうようなシーンもあり。ホラージャンルですが、監督らしい社会風刺やメッセージ性が盛り込まれた内容になってます。

音楽・ミュージカル映画5選

ラ・ラ・ランド

「ラ・ラ・ランド」本予告(ギャガ公式YouTubeチャンネル)

ロサンゼルスで、女優を夢見る「ミア」と売れないジャズピアニストの「セブ」が恋に落ち、励まし合いながら夢へと向かうミュージカル映画。冒頭のハイウェイでのミュージカルシーンは圧巻で、いきなり心をつかめまれます。映像や演出がフレッシュなので、ミュージカル映画が苦手な人にもおすすめの一作です。何度見てもラストシーンで筆者は涙腺が崩壊します。

ボヘミアン・ラプソディ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!(20世紀スタジオ公式YouTubeチャンネルより)

伝説のロックバンド「クイーン」のボーカルで、41歳の若さでこの世を去ったフレディーマーキュリーの半生を描く。栄光の裏に隠れた挫折や苦悩、それらを乗り越えステージに立ち自己実現を果たしていく姿がエモーショナルに描かれます。クイーンに詳しくない人でも、必ず聞いたことのある名曲がたくさん出てきます。大画面で見ることで、実際にライブ会場へ行ったかのような臨場感を味わいましょう。

シング・ストリート 未来へのうた

『シング・ストリート 未来へのうた』予告編(ギャガ公式YouTubeチャンネル)

1985年のダブリンで、好きな子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の青春ドラマ。不況、家庭崩壊、貧困、いじめ。光の見えない環境の中で、音楽に目覚め成長していく主人公の姿に勇気をもらえる1作です。バンドの曲が素晴らしく、主人公の成長に伴って演奏も進化いしていくのが印象的です。

セッション

映画『セッション』予告編(4/17公開)(ギャガ公式YouTubeチャンネルより)

プロのジャズドラマーを目指して有名音楽大学に入学した主人公は、伝説の鬼教師フレッチャーの指導を受ける。レッスンはジャズのイメージとは程遠い、ビンタ・罵声・怒号の嵐互いを憎み、精神をズタボロにしながら、高みを目指す二人は狂気に飲まれていく。映画史に残るラスト9分19秒を大画面で体験してみてください。

アラジン

アラジン (2019) | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)(ディズニープラスYouTubeチャンネルより)

ディズニーの名作アニメアラジンの実写版ミュージカル映画。ファンタジー、アクション、アドベンチャー、そして恋愛。あらゆる要素が高いクオリティで詰まったド直球のエンタメ超大作です。初期のディズニーらしさである「夢」と「魔法」の世界観を存分に表現しながらも、恋愛部分のストーリーは現代的なアップデートが加えられています。個人的に実写版ディズニー映画で最もおすすめの1作。

アニメ映画5選

スパイダーマン:スパイダーバース

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』予告3(3/8全国公開)(ソニー・ピクチャーズ映画YouTubeチャンネルより)

時空の歪みにより様々な次元で活躍するスパイダーマン達が集められた世界を舞台に、スパイダーマンとして覚醒した少年マイルズの成長を描く。CGと手書きのハイブリットによる革新的な技術により、アニメーションの新境地を切り開いた1作クリエーター達の想像力と技術、魂の詰まった超高密度の映像からは1秒たりとも目が離せません。2023年6月公開に公開した続編「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」はさらにとんでもないことになっているのでこちらも要チェックです。

この世界の片隅に

映画『この世界の片隅に』予告編(シネマトゥデイYouTubeチャンネルより)

第二次世界大戦下、広島の呉に嫁いできた主人公すずの、庶民視点での戦争体験を描く。戦時下でも前向きに暮らす庶民の「日常」を垣間見ることで、どこか他人事に感じていた「戦時中」と「現代」を地続きでつなげてくれます。彼女らの日常が尊いほどに、全てを奪う戦争の理不尽さが際立つ構造は見事。「今ここ」を全力で生き抜くすずさんの姿をその目に焼き付けましょう。

リズと青い鳥

『リズと青い鳥』ロングPV(京アニチャンネルYouTubeチャンネルより)

吹奏楽部の高校生の青春を描くアニメシリーズ「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品ですが、予習なしで問題なく楽しめます。オーボエ担当のみぞれとフルート担当の希美はコンクールに向けた「リズと青い鳥」の練習の中で、お互いに隠れた本当の気持ちに気づいていく。主人公達の複雑な感情を、目の動きや、服を掴む指先、足のつま先で表現する繊細な演出は神がかっています。この切ない世界観を大画面で味わいましょう。

君の名は。

「君の名は。」予告(東方MOVIE YouTubeチャンネルより)

深海誠監督の名を世に知らしめた大ヒット作。東京に憧れながら田舎に暮らす少女三葉と、東京で暮らす高校生の瀧。出会ったことがないはずの2人は、ある日夢の中でお互いの体が入れ替わっていることに気づき、その真実に迫っていく。深海監督らしい美しい作画は、目を細めそうになる程の光の眩しさが印象的。ここぞという時に流れるRADWINPSの歌と圧倒的な映像がエモーションを爆発させます。ぜひ大画面で見るべき1作です。

映画大好きポンポさん

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』公開直前PV(KADOKAWAAnimeYouTube公式チャンネルより)

凄腕プロデューサーポンポさんのもとで働くアシスタントのジーンは、その才能を見抜かれて新作映画の監督に抜擢される。本作は初めて撮影にのぞむ新米監督の目線で、映画作りの裏側を描きます。ジーン監督の挑戦と苦悩には、全ての「創作者」へ届く普遍的なメッセージをいくつも感じます。映画論を語る映画だけあり、そのクオリティには一切の妥協なし。またメッセージ性の強さとは裏腹に、演出はポップで面白く見やすい。映画好き必見の、強度の高い1作です。90分で気軽に見れる点もよし。ぜひ大画面で映画製作の現場に飛び込みましょう。

まとめ

今回はプロジェクターで見たいおすすめ映画30選を紹介しました。どれも大画面で見ると楽しさが増す1作なのでぜひ参考にしてください。

実際、小さな画面と大画面では、映像の迫力が全く違います。最近のプロジェクターは、スピーカー内蔵方が主流なので、プロジェクター一台と、白い壁があれば、ホームシアターのミニマルスタートが可能です。

本ブログではプロジェクターオタクの筆者が、魂を込めてプロジェクターを実機レビューしています。大画面の感動を自宅で味わいたい方は、ぜひおすすめプロジェクターの記事を参考にしてください。

\最強のおすすめプロジェクター7選はこちら/

\プロジェクター用のおすすめスピーカーはこちら/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次