【画質検証】Nebula Cosmos Maxを徹底レビュー【自宅を映画館に変える4Kプロジェクター】

Anker Nebula Cosmos Max

動画配信サービスやTVゲームは徐々に4K対応が進んでおり、リアリティの高い映像を自宅で体験できる時代になりました。

大画面で映像を楽しむプロジェクターは、最も高解像度の効果を実感できる媒体なので、4Kの映像で受ける感動はひときわ大きいです。

4K解像度の美しい映像

今回はAnkerの4KプロジェクターNebula Cosmos Maxを徹底的にレビューしていきます。

Nebula Cosmos Maxの特徴
  • 4K UHD/HDR/1500ANSIルーメンの美しい映像
  • 10W×4スピーカーのサラウンド音響
  • Android TV搭載で動画サービスを楽しる
  • 4Kプロジェクターの中では安い

本機を買えば、映画館に行く必要がなくなるくらいお家映画が充実しますよ。

項目評価コメント
コスパコスパがいい
画質映像に感動する
明るさ明るい部屋でも見やすい
音質音に感動する
操作性とても良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

Nebula Cosmos Maxのスペック

机の上のNebula Cosmos Max

Nebula Cosmosはアンカーの据え置きプロジェクターのブランドで、現在以下の3つのグレードの製品が販売されています。

今回レビューするNebula Cosmos Maxは、Cosmosシリーズの中位の性能です。

Anker Nebula Cosmos シリーズ一覧

CosmosCosmos MaxCosmos Laser 4K
外観
税込価格¥89,900¥149,900¥249,900
光原LEDLEDLaser
解像度フルHD4K4K
HDR10対応対応対応
明るさ[ANSI]81015002200
投影方式DLPDLPDLP
台形補正垂直:オート
水平:マニュアル
垂直:オート
水平:マニュアル
垂直:オート
水平:オート
100インチ投影距離266cm266cm281cm
スピーカー10W×210W×410W×2
5W×2(ツイーター)
騒音32dB以下32dB以下30dB以下
入力HDMI2.0×2
USB-A×2
HDMI2.0×2
USB-A×2
HDMI2.0
USB-A
出力光デジタル光デジタル3.5mmAUX
OSAndroid TV 9.0Android TV 9.0Android TV 10.0
ゲームモード搭載非搭載搭載
Wifi2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz
Bluetooth4.24.25.0
重さ2kg3.6kg4.9kg
サイズ92×290×19899×350×248mm165×220×263mm

3機種の主な違いは、光源、解像度、明るさです。

Nebula Cosmos Laser 4K

・レーザー光源で鮮やか
・4K解像度
・2200ANSIルーメン

Nebula Cosmos Max

・LED光源
・4K解像度
・1500ANSIルーメン

Nebula Cosmos

・LED光源
・フルHD解像度
・810ANSIルーメン

Nebula Cosmos Maxは15万円を切る価格ながら、4Kの映像を出力できるのが魅力です。

プロミ

20万円を超える製品が多い4Kプロジェクターの中では、かなりお買い得価格なのよ

Nebula Cosmos Maxの本体と付属品

箱はこのような感じ。

Nebula Cosmos Maxの箱

正面にはレンズと画面調整用のセンサー。

Nebula Cosmos Max正面

背面には電源ボタンと各種入出力端子があります。

DCジャック、HDMIポート×2、USB-Aポート、光デジタル出力端子

Nebula Cosmos Max背面

上面からの写真はこのような感じ。

Nebula Cosmos Max上面

電源をつけると、このようにNebulaのロゴと星が浮かび上がります。

Nebula Cosmos Maxの装飾
プロミ

特に意味はないけど、リッチな気分になれるわ

底面には、三脚用のネジ穴があります。

Nebula Cosmos Maxの底面

重さは3.6kgで結構重いです。下の写真で、その大さがイメージできると思います。

Nebula Cosmos Maxとペットボトル
Nebula Cosmos Maxを手に持つ

付属品は以下の通り。

電源アダプタ、リモコン(リモコン用の単4電池も付属します)、クイックスタートガイド

Nebula Cosmos Maxの付属品
プロミ

電源アダプタは、なかなか大きいわね・・・

実際の映像と音を確認

スクリーンに100インチの映像を投影しました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

プロミ

今後はもう、映画館に行かなくてもいいかも

Nebula Cosmos Maxの映像をレビュー

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

映像はかなり明るい

とても明るい部屋

とても明るい部屋

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Max明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Max少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Max暗室での映像

1500ANSIルーメンの明るさで、シーリングライトの明るさ最大でも問題なく映像が視認できました。

相当明るいので、昼間でもカーテンを閉めれば十分映像を楽しめます。

色味ははっきりと鮮やか

元画像

色見本

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Maxで映した13色のカラー

元画像

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Maxで映した様々なフルーツ

色味はとてもはっきりとしていて、見やすい映像です。

デフォルトの設定は少し青っぽい印象を受けますが、映像はカスタマイズが可能です。

例えば、彩度とコントラストが変わるムービーモードは、若干暖系色が強くなるような印象になりました。

標準モード

Nebula Cosmos Max標準モードの映像

ムービーモード

Nebula Cosmos Maxムービーモードの映像

映像を細かく調整した場合は、マニュアルで輝度、コントラスト、彩度、Hue、Gainを調整可能。また、壁色に合わせて画質を調整する、壁色補正モードも搭載していおり、いろんな環境で美しい映像を映すことができますよ。

プロミ

好みの絵作りが可能!

画面角まで明るくはっきり

Nebula Cosmos Maxの解像度を確認

4Kの映像は、文字の輪郭ははっきりしていて視認性は良好。

さらに画質が劣化しやすい画面端も、中心とほぼ変わらないクオリティでした。

プロミ

画面全体が美しい

HDR10搭載で、明暗の表現に優れる

1万円以下の格安機
(HDR非対応)

HDR非対応の格安機の映像

Nebula Cosmos Max
(HDR10対応)

HDR10対応のNebula Cosmos Maxの映像

左は1万円以下のフルHD機種で、右がNebula Cosmos Max。

HDR10対応のNebula Cosmos Maxは黒や白が「ベタ塗り」とならず、様々な色の光を塗り分けられています。

ジェクタ

映像の総評としては、明るさも美しさも申し分なし

プロミ

4K+大画面の圧倒的な映像はテンションが上がるわよ

Nebula Cosmos Max4Kの美しい映像

Nebula Cosmos Maxは音も最高クラス

Nebula Cosmos Maxの音質を確認

10W×4基のスピーカーを搭載し、Dolby Digital Plus対応です。

モノラルスピーカーでは実現できない、立体感のある包み込まれるような音響で、プロジェクターとしては最高峰の迫力のある音を楽しめます。

美しく広がりのある音は、音量を上げるほどに迫力が上がっていきます。

ジェクタ

ぜひ、近所迷惑にならない最大音量で楽しんでみて欲しいです

Nebula Cosmos Maxの使用感をレビュー

起動時間は37秒、再起動は5秒

Nebula Cosmos Maxの起動時間

40秒を切る起動時間は、OS内蔵プロジェクターとしては早い方です。

電源長押し → シャットダウン
電源を1度押す → スリープモード

のような形になり、スリープモードからの起動は5秒ほどと高速でした。

自動フォーカス、自動の垂直台形補正が便利

自動フォーカス

自動フォーカス機能

自動垂直台形補正

自動垂直台形補正機能

垂直台形補正とフォーカスが自動で便利です。

ただし、水平方向の台形補正をしたい場合は、手動での4点補正を行う必要があります。

4点台形補正機能
プロミ

水平の台形補正も自動ならさらに嬉しかったわね・・・

台か三脚が必要

Nebula Cosmos Maxと三脚、台

本機は角度調節機能がありませんので、映像を楽しむためには台または三脚が必要です。

本機は重さが3.6kgと重く、何度も出したりしまったりすると落とすリスクもあるので、場所を固定する使い方が理想でしょう。

ジェクタ

購入前に、必ず設置のイメージをしておきましょう

排気ファンの音は静か

騒音の目安

Amazonの製品ページによると、騒音は32dB以下です。

パワフルな本体に対し、かなり音が静かで驚きました。

一方、熱風の温度は高めに感じました。夏場は、クーラーのある部屋での使用を推奨します。

リモコンの操作性が良い

Nebula Cosmos Maxのリモコン

リモコンの反応速度は高速で、ストレスフリーで使えます。また音声操作ができるので、YouTubeなどの検索も楽々ですよ。

本機はさらにNebula Connnectアプリに対応しており、以下の手順でスマホ操作が可能です。

Nebula Connectアプリの使い方
プロミ

リモコン操作も、スマホ操作も快適なのでお好みで

Android TVは使い勝手が良い

Android TV

Nebula Vega PortableはAndroid TV9.0搭載で、Google Playストアから様々な動画配信サービスをダウンロード可能です。Ankerの公式サイトでは、各動画配信サービスの利用可能状況を随時更新しています。

以下は、2024年5月現在公式で対応が確認されているサービスです。

対応サービス

Disney+、YouTube、Prime Video、Netflix※、DAZN、Hulu、U-NEXT、dTV、Paravi、FOD、Abema TV、TVer

※NetFlixは以下のように、NebulaManagerアプリ経由でダウンロードする必要があります。

Nebula Connectの操作画面

スマホミラーリングは簡単

Nebula Cosmos Maxでスマホミラーリング

無線接続でスマホの映像を投影できます。

iPhoneの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.AirScreenアプリをプロジェクターにインストールして立ち上げる

3.アプリの指示に従い、iPhoneの画面ミラーリングからNebula Vega Portableを選択

Androidの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.スマホのキャスト機能から、Nebula Vega Portableを選択

Nebula Cosmosの天井投影は可能 ただし重くて扱いにくい

三脚でNebula Cosmos Maxを天井投影

三脚を使うことで天井投影が可能です。寝室で、寝転びながらリラックスして見る映像は1日で一番のご褒美タイムになります。

Nebula Cosmos Maxで天井投影を楽しむ

しかし3.6kgの本体が倒れると破損する可能性が高いので、倒さないようにかなり気を使いました。必ず安定感のある三脚を使いましょう。

\Nebula三脚スタンド/

もし天井投影をメインで考えているなら、Nebula Vega Portableの方が小型で使いやすいですよ。

Nebula Vega Portable

4K映像でゲームを楽しめる

Nebula Cosmos Maxでゲーム

「大画面×4K」は、ゲームの最高の楽しみ方です。

ジェクタ

ゲームの世界への没入感は、TV画面とは比べものになりませんよ

ただし、Nebula Cosmos Maxは、他のCosmosシリーズにあるゲームモードがなぜかありません。ほんの少し入力遅延があるので、オンラインシューティーングゲームなどのランクを競うゲームには向かないと思いました。

遅延は気をつけないとわからないくらいなので、普通にゲームをプレイする分には快適です。

Nebula Cosmos Maxメリットデメリットまとめ

メリット
デメリット
  • 4K/HDR/1500ANSIルーメンの美しい映像
  • 10W×4の迫力の音響
  • Android TV搭載
  • 自動の画面調整機能
  • 4Kプロジェクターの中では価格が安い
  • 低遅延のゲームモードがない
  • 本体が3.2kgで重い
  • 本体に角度調整機能がない
ジェクタ

映画館に負けないレベルの映像で感動しました

映画好きのヘビーユーザーのメイン機種として活躍できます。

本体は重くサイズが大きめなので、使用場所を決め固定してしまうのがおすすめです。

Amazonではよく値引きされていて、13万円台で買えることもあるのでぜひ価格を確認してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次