【どこでもすぐに映画館】Nebula Vega Portableを徹底レビュー【万能モバイルプロジェクター】

Anker Nebula Vega Portable

モバイルプロジェクターは電源がない環境でも使えるのが強みですが、小型化のために明るさを犠牲にしている製品が多いです。

しかし、ユーザーの中には多少重くてもいいから、明るい映像を楽しめるモバイル機を探している方も多いのではないでしょうか。

プロミ

たまにしか持ち運ばないなら、携帯性より画質を重視したいわよね

そんな方にお勧めしたいのが、AnkerのNebula Vega Portableという製品。

Nebula Vega Portableの特徴
  • フルHD/HDR/500ANSIルーメンの美しい映像
  • Dolby Digital Plus対応で音が綺麗
  • 薄型で鞄に入れやすい形状
  • Android TV搭載
  • バッテリー持続時間が3時間と長い

重さは1.5kgと少し重いですが、映像はモバイル機の中ではピカイチ

ジェクタ

イメージとしては、据え置き機にバッテリーがついた感じです

本記事ではそんなNebula Vega Portableの画質、音質、操作性について、徹底的にレビューしていきますので、ぜひプロジェクター選びの参考にしてください。

項目評価コメント
コスパコスパはいい
画質映像は美しい
明るさ少し明るい部屋でも見やすい
音質音は美しい
操作性とても良い
こちらのページの基準を基に評価
目次

Nebula Vega Portable のスペック

机の上のNebula Vega Portable
税込価格※:79,900円
出力解像度:フルHD(1920×1080p)
HDR10:対応
明るさ:500ANSIルーメン
投影方式:DLP方式
フォーカス:オート
台形補正
:垂直オート/水平手動
100インチ投影距離:266cm
スピーカー:3W×2
騒音:30dB以下
入力:USBA、HDMI、USB-C
OS:Android TV 9.0
Wifi:2.4/5GHz
Bluetooth:4.2
重さ:約1.5kg
サイズ:19.2×19.2×5.9cm
※公式サイトを参照

スペックだけ見てもピンと来ないと思うので、Anker最新のモバイル機、Nebula Capsule3と比較をしてみます。

Nebula Vega PortableとNebula Capsule3の寸法の比較

Nebula Vega PortableはNebula Capsule3の約1.8倍の重さ。

Nebula Vega PortableとNebula Capsule 3の映像の比較

しかし、Nebula Vega Portableは明るさがNebula Capsule3の2.5倍あり、昼間でもはっきりとした映像を楽しめます。

プロミ

携帯性重視ならNebula Capsule3、映像重視ならNebula Vega Portableがおすすめね

スクロールできます

Nebula Vega Portableの本体と付属品

箱はこのような感じ。

Nebula Vega Portableの箱

前方にはレンズと自動フォーカス用のセンサー。

Nebula Vega Portable正面

背面には、各種接続端子と電源ボタン。

ジェクタ

USB-C給電はうれしい

Nebula Vega Portable背面

上面には音量+-ボタンと、Bluetoothスピーカーモードの切り替えボタン。底面には三脚用のネジ穴と、角度調整用スタンドがあります。

Nebula Vega Portable上面
Nebula Vega Portable底面

スタンドは最大13度の傾斜が可能です。

Nebula Vega Portableのスタンド機能

床置きでも、画面を目線に近い高さまで上げられ便利です。

Nebula Vega Portableの角度調整機能
ジェクタ

三脚なしで使えるので便利!

付属品のリモコン、充電器、USBーCケーブルは以下の通り。

Nebula Vega Portableの付属品

実際の映像と音を確認

スクリーンに100インチの映像を投影しました。ぜひ画質と音質を確認してみてください。

プロミ

モバイル機とは思えない、明るい映像ね

Nebula Vega Portableの画質をレビュー

100インチの映像で、以下の3つのポイントを確認。

  • 明るさ
  • 色味
  • 解像度
ジェクタ

写真をタップで拡大できます

多少明るい部屋でも楽しめる明るさ

とても明るい部屋

とても明るい部屋

Nebula Vaga Portable

Nebula Vega Portable明るい部屋での映像

少し明るい部屋

少し明るい部屋

Nebula Vaga Portable

Nebula Vega Portable少し明るい部屋での映像

暗室

暗室

Nebula Vaga Portable

Nebula Vega Portable暗い部屋での映像

500ANSIルーメンの明るさはモバイル機では最高クラスで、多少明るい部屋でも映像を楽しめます。

直射日光の入る部屋は厳しいですが、カーテンを閉めれば昼間でも十分な明るさですよ。

色味ははっきりと鮮やか

元画像

色見本

Nebula Vaga Portable

Nebula Vega Portableで映した13色のカラー

元画像

Nebula Vaga Portable

Nebula Vega Portableで映した様々なフルーツ

100インチの大画面でも、はっきりとした美しい映像を写せます。

色の再現性は高く、リアルな映像を楽しめますよ。

画面角まで高精細

Nebula Vega Portableの解像度を確認

フルHDなので、文字の輪郭ははっきりしていて視認性は良好。

さらに画質が劣化しやすい画面端も、中心とほぼ変わらないクオリティでした。

プロミ

画面全体が美しい

HDR10搭載で、明暗の表現に優れる

他の格安機の映像
(HDR非対応)

HDR非対応の格安プロジェクターの映像

Nebula Vega Portable
(HDR10対応)

HDR10対応のNebula Vega Portableの映像

左の画像は1万円以下の機種の映像で、右がNebula Vega Portable。

どちらも解像度はフルHDですが、HDR10対応の本機は黒や白が「ベタ塗り」とならず、様々な色の光を塗り分けられています。

ジェクタ

画質の総評としては、モバイル機とは思えぬ美しい映像

プロミ

映画もゲームも最高に楽しめるわよ

Nebula Vega Portableは音も美しい

Nebula Vega Portableの音質を確認

4W×2のスピーカーは音量十分。

Dolby Digital Plus対応のスピーカーは、広がりを感じるクリアな音を鳴らします。流石に高級スピーカーの音質には劣りますが、部屋をスッキリさせたい人は内蔵スピーカーでも十分に映画を楽しむことができますよ。

Nebula Vega Portableの使用感をレビュー

薄型で収納が簡単

Nebula Vega Portableを引き出しにしまう
Nebula Vega PortableをPC台の下にしまう

厚みが5.9cmと薄いので、引き出しに入れて収納できます。

プロミ

据え置き機なのに、収納スペースを取らないのは偉いわね

1.5kgの本体は持ち運びには重い

Nebula Vega Portableをリュックに入れる

薄型なので鞄に簡単に入りますが、1.5kgの本体は持ち歩くには重いです。徒歩で観光地を回るような場合は、持ち運びは大変でしょう。

一方マイカーでのキャンプや旅行など、徒歩で持ち歩く必要がない場面では存分に活躍できると思います。

ちなみに公式のトラベルケースも売っていて、こちらはデザインがかっこいい。

Nebula Vega Portable専用ケース
Nebula Vega Portableを専用ケースに収納

撥水機能で汚れを弾く上、持ち運びの衝撃から守ってくれるので安心ですよ。

起動時間は47秒、再起動は5秒

Nebula Vega Portableの起動時間

初回起動時はAndroid OSの立ち上げに時間がかかるので、47秒ほど時間がかかります。

Nebula Vega Portableは、

電源長押し→電源を切る
電源を短く押す→スリープモード

となり、スリープモードからの起動は約5秒と高速。使用頻度が多い人はスリープモードにしておくことで、テレビ並みの速度で起動できて便利ですよ。

画面調整はほぼ自動

Nebula Vega Portableの自動台形補正機能、自動フォーカス機能

垂直台形補正とフォーカスが自動で、起動時に画面調整を行なってくれます。

ただし、水平方向の台形補正は自動ではないので、横方向の歪みがある場合は手動の4点補正で対応します。

Nebula Vega Portableの4点台形補正機能

排気ファンの音は静か

騒音の目安

騒音は30dB以下で、これは鉛筆の筆記音より静かな音。

映画を見ている間騒音は気にならないので、ご安心ください。

リモコンは操作性が良い

Nebula Vega Portableのリモコン

リモコンの反応速度は良好で、ストレスを感じずに操作ができます。

音声アシスタント対応なので、例えばYouTubeの検索を高速で行えますよ。

Nebula Connectアプリでスマホ操作可能

Nebula Connectの使用方法

Nebula Connectアプリで、スマホによるリモコン操作が可能です。

本体とプロジェクターはBlutooth接続なので、Wifiのない屋外でも操作ができます。リモコンをなくした時や、旅行の際に役に立つ機能です。

Android TVは使い勝手が良い

Android TV

Nebula Vega PortableはAndroid TV9.0搭載で、Google Playストアから様々な動画配信サービスをダウンロード可能です。Ankerの公式サイトでは、各動画配信サービスの利用可能状況を随時更新しているようです。

以下は、2024年5月現在公式で対応が確認されているサービスです。

対応サービス

Disney+、YouTube、Prime Video、Netflix※、DAZN、Hulu、U-NEXT、dTV、Paravi、FOD、Abema TV、TVer

※NetFlixは以下のように、NebulaManagerアプリ経由でダウンロードする必要があります。

Nebula Connectの操作画面

スマホミラーリングは簡単

Nebula Vega Portableでスマホミラーリング

無線接続でスマホの映像を投影できます。

iPhoneの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.AirScreenアプリをプロジェクターにインストールして立ち上げる

3.アプリの指示に従い、iPhoneの画面ミラーリングからNebula Vega Portableを選択

Androidの接続手順

1.スマホとプロジェクターを同じWifiに接続

2.スマホのキャスト機能から、Nebula Vega Portableを選択

画質調整機能が豊富

Nebula Vega Portableの画面調整機能
HDR

High Dynamic Rangeの略。HDR10では明暗の差をを1024段階で表現するため、繊細で美しい映像表現が可能です。

色温度

・暖色:暖系色強調した柔らかい絵

・寒色:寒色を強調したクールな絵

壁色補正機能

選択した壁色に合わせて、映像が自然に見えるように画面調整を行います。

天井投影も可能

Nebula Vega Portableで天井投影

三脚を利用すれば天井投影も可能です。

本体が1.5kgとなかなかの重さなので、安定感のある三脚を使いましょう。

ゲームモードは遅延が少ない

Nebula Vega Portableでゲームを楽しむ

ゲームモードでは台形補正ができなくなる代わりに、ボタン入力の応答速度が向上します。

試しに任天堂Switchでスマブラをプレイしてみましたが、遅延を感じず快適にプレイができました。

プロミ

Nebula Vega Portableはゲーマーにもおすすめね

Nebula Vega Portable メリットデメリットまとめ

Nebula Vega Portableで映像を映す
メリット
デメリット
  • モバイル機で最高峰の映像
  • 自動の画面調整
  • Android TV搭載
  • バッテリー持ちが良い
  • ゲームモード搭載
  • 1.5kgでモバイル機の中では重い

高機能な据え置き機とモバイル機の「いいとこ取り」をしたような製品です。

重さは少し重いですが、ポータブル機とは思えないほどの明るい映像を映せます。自動台形補正や、Nebula Connectによるスマホのリモコン化など、ユーザーが使いやすい補助機能が充実しているのも強みでしょう。

総じてクオリティの高い製品なので、自信を持っておすすめできますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次