【飾りたくなる】女性が使いやすい おしゃれ・かわいいプロジェクター【厳選3機種】

かわいい・おしゃれなプロジェクター

お家時間を充実させてくれるアイテムがプロジェクターですが、女性が使いやすい製品を探している方もいるでしょう。

プロミ

かっこいい製品ばかりで、私の部屋にマッチするものが見つからないわ・・・

そこで今回は25機以上のプロジェクターをレビューした筆者が、女性でも部屋に飾りたくなるようなデザインのプロジェクターをご紹介します。

ジェクタ

品質も自信を持っておすすめできるものばかりです

ライトユーザー向けの製品から映画館に負けない美しい映像を楽しめる製品まで、目的に応じた製品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

プロジェクター選びのポイント

製品紹介の前に、プロジェクターを選ぶポイントをご紹介します。

「どこに注目してプロジェクターを選べばいいかわからない」という方は、以下の5つのポイントに注目して製品を選んでみてください。

プロジェクター選び5つのポイント
  • 解像度
  • 明るさ
  • 台形補正機能
  • OS
  • 内蔵スピーカー

解像度が映像の繊細さを決める

画素を表す絵

画像を構成する「画素」の数を表します。例えばフルHDは1920×1080px、4Kは3840×2160pxの画素数を表し、画素数が多くなるほど映像は美しく、価格は上がる傾向があります。YouTubeの利用が目的なら低画質でも構いませんが、映画を楽しむならフルHD以上がおすすめです。

昼間も映像を楽しみたいなら、明るさを重視

明るさを表す写真

プロジェクターの明るさは、映像の美しさや視認性に影響を与えます。明るさはルーメンまたはANSIルーメンで表されますが、ANSIルーメンの方が測定法が厳密で信頼性の高い単位です。少し明るい部屋でも見えるよう明るさである200ANSIルーメン以上の製品がおすすめです

台形補正機能はあると便利

台形補正の説明

台形補正機能はプロジェクターを斜めの方向から投射した際の台形歪みを補正します。台形補正機能を持ったプロジェクターは設置位置の自由度があがり、画面の微調整も簡単になります。リモコンやつまみにより手動で台形補正を行う機種と、オートで行う機種があります。

OS内蔵なら、動画配信サービスを楽しめる

Androidのイメージ

OSはコンピュータの頭脳のようなイメージ。OS搭載のプロジェクターはインターネットに繋げばYoutubeやAmazon Primeビデオなどの動画配信サービスを利用できます。OS非搭載のプロジェクターで動画配信サービスを楽しむためには、Amazon FireTV Stickなどのストリーミングデバイスが必要です。

内蔵スピーカーを使えば、最もお手軽なホームシアターに

スピーカー

お手軽に動画を楽しむなら、スピーカー内蔵型のプロジェクターがおすすめ。面倒な配線を考える必要がなく、スピーカーの費用も抑えられます。音にこだわる場合は内蔵スピーカーでは物足りない可能性があるので、外付けスピーカーを用意しましょう。

おしゃれでかわいいプロジェクター3選

スクロールできます
外観価格※ポイント
Adget Pocket Projector
・SD画質
・220ANSIルーメン

・垂直自動台形補正
・Android 9.0

・3W×2スピーカー
Adget Pocket Projector44,480円小型で使いやすいモバイル機
YouTube、アニメなどのちょっと使い向け
WanboT2 Max
・フルHD画質
・350ANSIルーメン

・垂直自動台形補正
・Android 9.0

・3W×2スピーカー
Wanbo T2 Max29,980円お手頃価格のフルHDプロジェクター
ゲーム、映画、アニメ、Youtubeなどマルチに使える
XGIMI Elfin
・フルHD画質
・600ISOIルーメン

・垂直/水平自動台形補正
・Android TV
10.0
・3W×2スピーカー
XGIMI Elfin85,200
59,640円
高画質の据え置きプロジェクター
高画質で映画・ゲームを楽しみたい人向け
※価格はAmazon若しくは公式サイトの価格を参照。セール等で変動があることをご了承ください。

おすすめは、上記の3機種になります。

これら3機種はデザイン性が優れているうえ、操作が簡単で、品質も良いです。

以下で個別におすすめポイントを紹介していきますよ。

Adget Pocket Projectorはライトユーザーにおすすめ

Adget Pocket Projector
メリット
デメリット
  • 4色からお気に入りの色を選べる
  • ワンタッチのマグネット三脚
  • 三脚で天井投影が簡単
  • 425gの軽量ボディ
  • Android OS搭載
  • 解像度はSD画質

Adgetのプロジェクターはお気に入りのものに囲まれて、おしゃれに暮らしたい人の世界観にマッチします。

\公式サイト/

重さ425gの薄型で、とても使いやすいプロジェクターです。付属のマグネットスタンドが便利で、位置合わせも簡単。

Adget Pocket Projectorのマグネットスタンド

解像度はDVD相当のSD画質ですが、明るさ220ANSIルーメンの色鮮やかな映像を楽しめます。

Adgetプロジェクターで映像を楽しむ
プロミ

寝る前にYouTubeやドラマを楽しみたい、ライトユーザーにおすすめよ

ジェクタ

付属スタンドで、天井投影も簡単です

安くて高画質のWanbo T2 Max

Wanbo T2 Max
メリット
デメリット
  • 価格がお手頃
  • フルHDの美しい映像
  • ステレオサウンドの音がいい
  • シンプルで美しいボディ
  • Android OS搭載
  • 角度調整機能がない

低価格でフルHDの美しい映像を楽しめるプロジェクターがWANBOのT2 Maxです。

ホワイトカラーの本体は、丸みを帯びた美しいデザインをしています。

Wanbo T2 Maxの外観

ステレオスピーカの音はクリアで聞き取りやすい音です。

さらにAndroid OSを内蔵しているため、電源を繋げばすぐ動画サービスを楽しめます。

Wanbo T2 Maxで映像を楽しむ

価格は29,980円ですが、Amazonではよく値引きをしていて1万円台で買える場合が多いです。

格安帯でこの映像の美しさは破格なので、気になる方はぜひ商品を確認してみてください。

フルHD最高峰の映像を楽しめる XGIMI Elfin

XGIMI Elfin
メリット
デメリット
  • 美しく明るい映像
  • Android TV搭載
  • Harman/Kardon製スピーカーの美しい音
  • コンパクトで美しいボディ
  • ゲームモード搭載で低遅延
  • 本体の角度調節機能がない

Elfinは0.9kgと据え置き機の中では小型でありながら、フルHD/HDR対応の高画質なプロジェクター。

10万円以下の機種で最高峰の映像を楽しめます。

プロミ

お家が映画館に早変わりよ

Elfinで映像を楽しむ

本機はベンツなどの高級車にも採用されているHarman/Kardon製のスピーカーを内蔵していて、映像だけでなく音も良いです。

また、台形補正とフォーカスが全自動なので、動画を見るための準備が楽。

Elfinの自動台形補正機能

2021年の発売当初の価格は8万円ほどでしたが、現在は実勢価格が6万円程まで低下していて、かなりコスパの高い機種になっています。

Elfinは映画館に負けない映像体験がでるので、予算に余裕があるならとてもおすすめ製品ですよ。

おしゃれ/かわいいプロジェクター3選のまとめ

今回は女性が部屋に飾りたくなるようなデザインに優れたプロジェクターをご紹介しました。

製品毎のレビューの記事もありますので、さらに詳しく性能を知りたい方は下記のリンクをご参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プロジェクターレビュー実績25機以上。
AV家電アドバイザー資格あり。

ホームシアターで見た映画は400本以上で、使用者の目線に立った実用的な考え方で実機レビューを行います。

目次